2018年11月29日

県女性部活動報告


【お知らせ】

福井県理容生活衛生同業組合ホームページがリニューアル!
躍動感あるページとなりました ⇓ 

ふくいの理容ガイド「福とこ」




11月26日
第14回全国理容近畿地区協議会青年部女性部会議

日時 11月26日 10:00〜
会場 武生商工会議所

活動詳細につきましては組合HP内“女性部”にてご確認ください

10:00〜 開会式
10:35〜 共済セミナー
11:05〜 講演会 講師 近畿大学教授 中谷常二氏
   「ちゃんとしたビジネスを長く続けるために」
12:35〜 昼食
13:30〜 評議会
15:45〜 発表
16:30〜 親睦会
posted by リュ〜菜 at 14:58| 福井 ☁| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月18日

正座&膝付

リュ〜菜のひとり言


11月13日 整形外科主治医から出された宿題
正座&膝付

13日から集中的にリハビリ

14、15日は病院リハビリ休憩して自宅リハビリ

13日リハビリで足首をしっかり動かすことを始め、やはり初回は家に帰ってから若干の痛みが出ました

毎日動かす事も大事だけれど無理をしすぎるのもダメ・・・って誰かが言っていました(;^ω^)

病院リハビリへ行くのは月曜or火曜日そして木曜日or金曜日の週2回にして後は自宅リハビリ

手が空いているとき(テレビを見ているとき等)はマッサージ
(もう癖になっているので自然と手が行きます)
スロースクワットで筋トレ(最初は足首が痛くなったけれど今は大丈夫)
つま先立ち(これは固まってしまっている親指の腱が今でも痛いです)
入浴中の正座と膝付ストレッチ&マッサージ
正座は浮力があるので形?は出来ていましたが畳の上では足先を延ばしただけで痛くてギブアップ・・・

5月頃から毎日トライしていて11月14日
半年かけてやっと畳の上で正座出来ました〜〜〜\(^o^)/
長時間はまだまだ無理ですが座れたことが(*^^)v
13日しっかり足首を動かしたことで、できたのだと思います

正座は毎日“前日+1〜2分位=若干増”で少しずつ長い時間座れるようにリハ

膝付は足がつま先立ちの形のまま膝をつく動作
骨折前は何も考えなくても出来ていた態勢
それが今はどうすれば出来るか考えなくてはいけない・・・

健康な時は考えなかったことばかり
骨折したのは大変な事だけれど色々な事を沢山教えられました
足が踏ん張れない人間にとって、手すりの無いわずかな段差やスロープでもいかに怖いか・・・
道路がこんなにも凸凹だったなんて・・・
・・・etc・・・etc・・・

さて、正座はようやく門を開けられたので膝付も門を開けないと・・・
(膝付門を開けるには門前まで行かないとね〜・・・)
〜15日までは親指の腱が痛くてどうしても膝を着けられませんでした

16日朝食後のトレーニングはまず足・脚マッサージ
昼食後トレーニングで正座(数分ですが出来ました(*^^)v)
いよいよ膝付
まず正座の態勢から膝を浮かさないように右足の指をつま先立ちの態勢へ(当然問題なし)
左足・・・“うまくいくか〜”と思いながら両手をつき、前傾姿勢でつま先立ち体制(この時点では痛み無し)
少しずつ体を起こす(足首&親指に体重をかける)と徐々に親指の腱とくるぶしの腱?が痛くなる(いつもこの時点でギブアップ)

この日はもう少し頑張って・・・でも“い・た・い”
何とか両手を離すことが出来ました(まだ完全に体を起こすことは出来ませんでしたが)

何とか膝付門に片手をかけられたかな?(でもこの門かなり重そう?)

一息ついて足を見たら親指&くるぶしの腱周辺が腫れていました(毎度の事)
足の甲と内くるぶしに湿布を貼り(毎回入浴時には腫れが引いています)
念のため右足も見たら左同様甲が腫れていました
多分左足に集中して右足が負担増になったのでしょう
右足甲にも湿布
そして腰も痛い
あちこち無駄な力が入っているのかも?ですね
腰も湿布!で4枚も貼りました
これから冬!もっと寒くなったら湿布で寒気増大かも(^▽^;)
今も足“ス~ス~”しています(―_ー))));;;

ちなみに今日(18日)はリハお休みです

最終目標“軽々正座&膝付”までガンバ!ガンバ!です
posted by リュ〜菜 at 20:18| 福井 ☁| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

日々回復2

リュ〜菜のひとり言


11月13日、術後初のレントゲン検査
この日からは手術をした医師ではなく、元々の主治医が担当(私が希望する手術予定日に学会で留守になるため他の医師が手術)に戻りました

いつも通り8時前に病院着、レントゲンは8時30分から
レントゲン検査はこれまで何回もやって毎度おなじみ
検査技師が言うまでもなく撮影するところは分かっているので最初は上を向いて寝て脛骨撮影
次は腓骨撮影「横になって下さい」と言われて右に寝返り(これまで左脚の外側から撮影)しようとしたら「反対側にお願いします」
今回は腓骨の外側では無く、内側からの撮影でした

診察予約までまだ4〜50分あると思って診察室を見渡せる少し離れたところで気楽に暇つぶしゲーム
しばらくすると“ピ〜ンポ〜ン”各診察室の受付終了者(予約優先)の受付番号が一斉に反転表示(診察ブロックや廊下のディスプレイ)

時計を見たらまだ9時前“今日は先生たちの室入りはや〜い”
私が診ていただく診察室はB50
この日の私の診察番号は117(8時受付開始10分後でもうこの人数)
(8時前には数台ある外来自動受付機の前に大行列、予約優先なので受付が若干遅れても診察はそれほ遅れないので少し途切れるまで離れたところで待機)

B50には4人分の番号が一斉反転したけれど私の番号は無し
どちらにしても予約は9時30分なのでまだ5人ほど後かな?と思ってゲーム
又“ピ〜ンポ〜ン”他の診察室かな?と思いつつチラッと見たらB50−117が出ていました
“はや!”まだ9時少し過ぎ

前に3人いるので1人になるまで同じ場所で待機
次になってから診察室付近へ移動
“B50 117の方 診察室へお入りください”との表示で診察室へ

私、ドアを開け
「おはようございます」
主、診察室へ入る歩き方をチェック
「おお〜おはよう 調子良さそうだね〜」
私「はい!お陰様で」
主(レントゲン画像を見ながら)「順調だね」

私もレントゲンを見たらビス穴が綺麗に整列していました
穴は、はっきりとした〇
奥は若干ぼやけ気味?仮骨が出てきている証拠?
私「この穴完全にふさがるのはいつ頃ですか?」
主「(術後)3ヶ月はかかるな〜」
私「じゃ〜後2ヶ月ですね」
今からの2ヶ月は長いけど、終わった1ヶ月を思うと早いので何だかんだのうちに月日が経つでしょう

それから触診
主「足首の動きが不完全だからもっと強く動かさないと」
私「穴が怖くて〜」(;’’∀’’)
主「よほど激しくひねると骨折の危険があるけど前後に動かすのは絶対大丈夫」

正座と膝付(足首をしっかり曲げて膝をつく)が出来て完治とか
今、正座はお湯に浸かっているときは浮力があるので出来ているけれど畳の上ではまだ出来ていません
膝付は足首を曲げて膝が床につくまで握りこぶし1個分ほどまだダメ

骨修復は順調なので次の診察は2ヵ月以降(骨修復後)で良いとのこと
主「1月は又雪があるかもしれないので2月で良いでしょう、いつの何時が良い?」
私「いつでも、何時でも」(私の診察は火曜日)

その時には完全に骨修復出来ているでしょう
次回検診までの宿題(正座と膝付)をもらって診察終了

午後はこの結果?をもってリハビリへ・・・
最終目標は正座と膝付(足首)と決まり・・・
リハ先生「思いっきりやらせてもらいます」
私の心の声“あまり痛くしないでね〜”(;’’∀’’)

リハ先生はこれまで再骨折の危険性を考慮してマッサージに徹していたので「今回から足首をしっかり動かします」と右足首と比較、動きが悪い所をチェック

マッサージ後、機械?に足と膝を固定して徐々に足首を曲げて行く
リハ先生「痛かったら言って下さい」と言って私の様子を見ながら曲げ具合?を強くしていき「大丈夫ですか?」

私「足首は痛くないけれどふくらはぎがパンパンです」
体重をかけたときには曲がらなかった領域まで曲がり、痛くも無し!で思った以上に柔軟
もしかしたら膝付出来るかな?と思ったけれど、体重がかかるとやはり膝が着かない
来年2月26日の次回検診までに宿題完成させないと・・・
頑張りマッスル〜〜!
posted by リュ〜菜 at 18:08| 福井 ☁| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

日々・・・

リュ〜菜のひとり言


11月1日乳癌後(今年2回目)検診で福井クリニックへ
そこでは47項目の血液検査
前回は中性脂肪のみ若干H(原因は前日の焼肉)

今回は中性脂肪はスルー
LDLコレステロールが若干H
GPTも若干H
それ以外は全く問題なし
両項目Hだったのは完全に運動不足
脚が痛くて必要最低限しか歩いていなかったため

GPTは抜釘手術前の血液検査より下がって、
GOTも術前検査ではHだったけれど今回範囲内まで下がっています
下がった理由は歩くようになったから(だと思います)

GPT−Hを見た福井クリニックの主治医「脂肪肝ですね」
私「はい、わかっています、運動不足ですよね」
主「治療が必要な程ではないので運動すればすぐに下がります」

10月終わりには、ほとんど痛みが無くなってきていたため少しずつ外を歩き始めたので術前より数値が下がっていたのだと思います

手術をする前は道路のわずかな凹凸に反応していたのに問題なく歩けました

ただ、1年間ほとんど使っていなかった筋肉を使い始めたため筋肉痛
アキレス腱がいた〜い
ふくらはぎがいた〜い
太ももがいた〜い
(;^ω^)(^▽^;)

湿布貼りまくり“歩くのが最大のリハビリ”精神?で毎日ウォーキング

11月2日
インフルエンザ予防注射のためかかりつけの内科へ
行くときは夫に乗せて行ってもらって、帰り電話をしたら仕事中
「30分ほど待て・・・」とのこと
30分あったらゆっくり歩いても帰れると思ったので「歩いて帰るわ〜」
夫「無理せんと待て・・・」
私「無理はしな〜い、リハビリのため歩く・・・」
夫「しんどかったらすぐ電話せ〜」

病院から我が家までは九頭竜川を横断しなければならない・・・
問題は橋の坂だな〜と思いながら歩き始めました

道路は問題なく歩けるようになったけれど坂はまだ未経験?
これまでわずかなスロープも足首が痛くて横歩きだったので“真っすぐで大丈夫か?”と思いながら坂突入

“あっ、あっ 全然いたくな〜い”
上りは全く問題なく、橋を渡りながら“下りはどっちへ行こうか?”
下り道は2本
1本は短いけれど急坂 もう1本は距離が数倍あるけれど緩やか
“急な方行ってみよう!”
1歩、2歩・・・“いたくな〜い”真っすぐに下りても痛くなりませんでした\(^o^)/

結局30分かからず帰宅(夫はまだ仕事中)

3日スーパーまでウォーキング、買い物して重いので帰りは迎えに来てもらいました

今日は(5日)郵便局、銀行と廻りスーパーへ
スニーカーは上部がまだ術痕に触るので履き口の浅い靴で出かけました
少し早歩き(まだ骨折前ほどの早歩きは出来ませんが)
今日は夫が居ないのでお迎えなしで軽いものだけ少しの買い物

帰りはさすがに早歩きできませんでした(;^ω^)
往復1時間
でも筋肉痛も疲れも無く、1日、1日良くなってきている我が脚です
posted by リュ〜菜 at 20:38| 福井 ☀| Comment(8) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

術後受診2

リュ〜菜のひとり言



手術痕の痛みもほぼ無くなったのは25日
その頃になって分かったこと
糸が溶けている感覚はあるのだけれど内側のくるぶし付近がずっと痛くてなんでだろう?
まだどこか神経を圧迫している?

痛みが少なくなったので歩幅を大きく歩いたら“痛!”
足首に痛みが走ったので、足首を回したら右足首の半分くらいしか動いていないのです
今までプレートの痛みで歩幅が小さく気が付きませんでした
足首が固まっている?
1年近く少ししか動かしていなかったので当たり前かな〜

もう傷が開くことも無いので左右の足を前後に大きく開き、右足を前に、左足を後ろにして足の裏をピッタリくっつけたまま右膝を曲げ、左足首ストレッチ
左足首が“イタイな〜”と感じるところで止めて5秒間維持
足首からくるぶしまでをマッサージ
これを1日に何回か繰り返し

でも素人判断で万が一、逆効果だといけないので鎮痛剤が必要になるほどのストレッチはせず、30日の診察の時、主治医に聞いてから正しいストレッチ&リハビリをしようと思いスローストレッチです

少しずつ改善?歩くときの痛み具合が徐々に少ないような?

29日
足首は歩くとき、ある程度まで機能?するようになってきましたがそれでもロック感があり自然な動きにはなっていません
でも足首の動きが良くなってきたらくるぶし付近の痛みも少し軽減
かさぶたもほとんど無くなりました

30日
予約は9時30分だけれど前回と同じく義母の出勤(ショートステイ)時間の関係で8時前に医大へ
又時間つぶしのゲーム持参
1時間以上待って診察室へ

前回貼ってもらった小さな傷バンは2回入浴しただけでテープが浮き、濡れてしまったので自分で剥がしましたが、かさぶたの取れたところは完全に皮膚再生していたのでそのままにしました

主「痛みはどうですか?」
私「おかげさまでかなり和らぎました。でもくるぶしの上がまだ少し・・」
主治医が触診
主“ここの神経がこう行って・・・”触診しながらの独り言(^▽^;)
痛みの元の神経の走っているところを確認していました

とにかく術後20日ほどで確実に痛みが少なくなっているので雪が降るころには長靴履けるでしょう
そして今まで1年間履けなかった靴が履けました\(^o^)/
来週にはスニーカー履けるかな?

私「自分でストレッチしてはいるのですが、又リハビリ行こうかと・・」
足首以外にも筋肉?皮膚?が固まっているところがあるのを主治医も確認

主「固いところがありますからね。どちらの病院へ・・・」
私「つくし野病院です」
この病院は医大からリハビリのため転院したところなので主治医も問題なしと判断
とりあえず術後1ヵ月は骨折リスク(ビスを抜いた穴が15ヵ所あり骨折しやすい)が高いのでソフトリハビリ指示

ビス穴の骨修復には骨折と同じように2〜3ヵ月かかるとのこと

11月13日にレントゲン検査となりました
骨は十分に修復しているので15本のビスを抜いた後の骨修復状態確認?

帰りにリハビリのため、つくし野病院へ
リハの先生に医大主治医からソフトリハビリを指示されたことを伝えたら、リハビリのために入念に触診

触診の前に手術痕からの感染症は全く心配なしと主治医から言われたことも伝えました
リハ先生もそのことが心配だったようで
「感染症の心配なしと言われたのなら安心して触れます」

術前は撫でられただけでも痛く、ビクッ!となっていたのに問題なし
次にひざ下全体を軽く押しながら私の反応を観察・・
でもくるぶし付近以外ほとんど痛み無し

リハ先生「プレートを取るだけでこんなに違うんですね〜」
私もそう思いました(*^^)v
それからリハビリ
ソフトリハビリなので骨に刺激が伝わらないように表面を軽くマッサージ

又、週2回程度のリハビリ通い再開です

posted by リュ〜菜 at 18:36| 福井 ☁| Comment(2) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする