2013年10月28日

県女性部活動報告


10月28日13:00〜
組合主催・県女性部協賛講習会
会場 国際交流会館
講師 加藤吉弥全理連中央講師
内容 就活ヘアー

1部 就活ヘアーセミナー
  ヘアスタイルの基本と条件
   ヘムライン 耳周りがでていること(くっきりでなくてもよい)
   もみあげ  ぼかすにしても長すぎはNG
   フロント  顔は出したいが、隅部の生え際を出すのはNG
         (ガラが悪く見える)
   動き    トップにも野暮ったくない動き
         パートスタイルもナチュラルならOK
  就職活動は履歴書を提出することから始まるため、
   好感度を上げるヘアースタイルを如何に作るか
  お顔写りが良くなるようにヘアーだけではなく
   口角を上げて写真を撮るなどのアドバイスをして差し上げる
  その他ビフォーアフターの写真などを交え就活ヘアーをどのように
   仕上げるかのセミナー
  2部のモデルとなる現役大学生も大変参考になったとコメントがありました

2部 就活ヘアー実技
  ビチッとしたヘアースタイルではなくラフな中にも
  清潔感と規律正しいスタイルのカット

IMG_0065.JPG 0070.jpg

IMG_0071.JPG IMG_0072.JPG

3部 経営セミナー
  人間は、
   行動によって気持ちが変わり
   気持ちが変わると習慣が変わり
   習慣が変わると人生が変わる
  消費行動も同じ
   「髪が伸びた」というきっかけが
   「髪を切りたい」動機を発動する
  企画営業
   職種の魅力を引き出す「物語」を考え人と企業の橋渡しをすること
  就活をする男女学生さんへのアドバイスの仕方
   男子学生の皆さん
    ・もみ上げは長すぎませんか?
    ・耳出ていますか?
    ・寝癖に見えませんか?
    ・ヒゲはきちんと剃れていますか?
    ・眉毛は作りすぎていませんか?
    ・髪の毛の色は大丈夫ですか?
   女子学生の皆さん
    ・産毛の手入れはできていますか?
    ・髪の毛の色は大丈夫ですか?
    ・前髪たれていませんか?
    ・毛先傷んだままにしていませんか?
    ・眉毛は作りすぎていませんか?

「あなたらしさを引き立てるお手伝い」
人を印象づける頭、顔という一番大事なところを、より魅力的になるようデザインする事が私たちの仕事です。だからお客様の人生という行路のサポート役として、プロ意識を持ちサービスを提供します

その他数々のためになるお話を聞かせて頂きました
加藤先生有難うございました

posted by リュ〜菜 at 21:10| Comment(4) | 女性部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

途中経過

kumo.gif

リュ〜菜のひとり言


10月7日早朝に耳石による目まいの以前ブログアップしてからの “グルグルグル〜”途中経過

毎日頭回転運動をやっていてワンセット目の左側だけがグル〜だったが10日ほど経った時に仰向けに寝た途端グル〜っと・・・
“悪化した?”と思いながら頭回転運動を始め右はグル〜無し
上も無し・・・いよいよ左“グル〜が来るぞ〜”と覚悟を決めて左90度頭回転
“ん?あれ〜?”グル〜無し
その日によってグル〜が起きる体勢に変化はあるようだが1回程度で目まいが持続することは無いようだ

2週間弱で日中起きていた、つわり状態も無くなった

そして頭回転運動の時、グル〜の発生?が1〜2秒遅れてくるようになった
最初は左を向いた途端グル〜だったのが1・2とカウントし始めてから起きるようになって、治まるのはいつも通り10カウントするまでに治まる
私の場合最初から目まいが持続するのは10秒ほどだったのが2秒ほど短くなった?

頭回転運動で耳石がくずれて小さくなり(大きい物でも顕微鏡で拡大しないと見えないほどだそうだ)少し改善されてきた?
グル〜からクル〜になってもいる

でも左側だけだったのが後ろへ倒してもたまにクルっとなるから石の動きが変わった?
下を向いても全く異常はないので仕事は楽だ

20日には冬物(毛布とかシーツ)を出すのにクローゼットの上の段から出すので慎重に脚立に乗ったが全く問題なかった

何年か前の重症の時は脚立に一段乗っただけで後ろへ転倒
怖くて乗れなくなってしまっていたので今回は慎重に一段ごとに確認しながらのぼった

夫が居れば出してもらうが19〜22日まで三泊四日で山口県へ出張(全国理容競技大会のため)
これからのお天気ではシーツ(厚手夏物)などの大物はお天気の良い時に洗濯しないと乾かないので(20・21日は好天、その後は台風の関係で天候は変わる?との予報だった)19日に交換して20日早くにお洗濯

夜はジッとしていると寒い時もあるのでひざ掛け用の毛布を出したら即刻リュ〜が独占
しばらくすると暑くなったのか冷マットの上へ(極端なヤツ)
毛布と冷マットを往復しているリュ〜でした(^_^)v

21日の夜
運動を行ったらクル〜の時間(秒)が5〜6秒まで短縮された
クル〜からクルにもなった

そして23日
クルが無くなった(∩´∀`)∩
少し違和感があるのみ

今夜(24日)はどうなるかな?

このまま順調に改善されると良いな〜〜〜と願いながら回転運動を続けるワ・タ・シ

posted by リュ〜菜 at 20:04| Comment(4) | リュ〜菜 (小ネェ〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月20日

下呂温泉

今回の原稿はい・も・う・とからの投稿です


ドーモ


《い・も・う・と》で〜す


2週間前娘から電話
娘「お母さん13日の日曜日仕事休めないか?」
私「仕事だけどなに?」
娘「実は私達(娘夫婦)下呂温泉に行くんだけど一緒に行かんか 3連休の日曜日はお店暇だって言ってたし」
私「お母さんは行きたいけどお父さんがどう言うか分からんよ」

勿論私は仕事を休み下呂温泉に行く気持ちになっている
早くも娘は返事を聞く前に旅館に予約を入れたらしい

娘には父親に駄目だと言わせない事が有り(脅迫)予約を4人で入れたらしい
私は旦那にOK出させるには?と夜まで考えお酒がちょっと入った所で旦那の機嫌を見て話したところ作戦勝ち 旦那からのOKが出た

二人で晩酌していると娘からどうなったかと電話
娘「OKでたか?}
私「お父さん行くって 駄目だと思ったけど上手くいったわ」
娘「旅館は張りこんでリッチやでのぉ 誘ったから私のへそくりで旅館代出すから」と有り難いお言葉

断る訳もないので勿論「いつもすまないねぇ〜〜〜〜〜〜」\(-o-)/

旅行中は天候にも恵まれのんびり温泉旅行になった

一日目は【下呂温泉合掌村】
合掌村は国指定重要有形民俗文化財「旧大戸家住宅」をはじめ、白川郷などから移築した10棟の合掌造りの民家で集落を再現した貴重な野外博物館だ

020.jpg

民家では子供の頃見たなつかしい道具や機具などを見て回り下呂の昔話を影絵劇で伝える【しらさぎ座】で影絵と手影絵を見た
影絵にはなんとも不思議な魅力がある そのうえ影絵をしている若い男性の方の声が素晴らしく魅力的

私は男性の声フェチなので帰りにはその男性にすばらしい公演でしたと声かけた(笑)

旅館はすぐ側にある【懐石宿 水鳳園】
なかなか落ち着きのある旅館で料理も美味しく風呂もよし丹精なおもてなしで100点満点
同じサービス業として見習うところがあった

二日目は【飛騨高山】
ここでは旦那と婿殿はせんべいを自分で焼く体験
婿殿の焼いたせんべいはちょっとこげが出来旦那が焼いたせんべいはなかなか上手く出来上がった
お味は? 二人の焼いたせんべいは勿論美味しかったよ 「ごちそうさん (^。^)」

母娘はガラスの写真立て作り体験
時おり私が上手くいかないと「も〜上手くいかんがぁ」と言うと娘が「お母さん上手に作らんでもいぃんやょ
お母さんのあじが出ればいいが」と・・・
どっちが母でどっちが娘やら (^^ゞ

写真立て.jpg

道の駅が大好きな娘は道の駅があるとそこで買い物
婿殿もそのたび車を止め母娘の買い物に付き合う

064.jpg

旦那だと「さっき止まったでいいげ」と返ってくるが婿殿は娘に優しい
いや優しいというか娘が怖いのかも(笑)

またも楽しい旅行で心も体も癒され 娘夫婦に感謝!

posted by リュ〜菜 at 10:19| Comment(6) | い・も・う・と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

グルグルグル~~(@O@)

kumo.gif

リュ〜菜のひとり言


8日早朝の事・・・

この日は中ネェ〜と一緒にお買い物に行く予定だった
左向きの状態で目が覚めたとき、“朝だ〜”と思いながら仰向けになった途端グル〜っと部屋が回った

目まいだ〜〜〜と思っていたら今度はグルグルグルっと何周も急速回転

吐きそうになってきたので夫に「おとうさん!しんどい!」と言ってから立ち上がってふらつきながらトイレへ
体がふらついたが何とかトイレまで(寝室から2mほどの距離)行って、後は便器に抱き付いていた(お腹は空っぽなので出るのは胃酸だけ)

少し落ち着いたのでベッドへ戻って横になったらまたもやグルグルグル
吐き気もぶり返し「あぁ〜しんど〜〜〜〜」と何回も口をつき、出てくる

7時前に夫が病院へ予約に行ってくれた
先生は看護師さんより早く7時に来て自ら受付をして下さるので状態を言ったら8時過ぎに連れて来てと言われたとか

8時過ぎに夫が「もう時間やで行くぞ」と車に乗せて貰って病院へ
私「お願いだから揺れないようにね、それと今日の買い物行けないって電話してね」

すぐに診察をしてもらい、思っていた通り耳石が原因の目まいとの診断
数年前にも同じ症状で1年以上目まいに襲われ、“よく生きてたな〜”と思うほどバランスが取れなくてよく倒れていた
お風呂場でも二回倒れ頭を強打したこともある
昔のコンクリートのお風呂だったら死んでいたかも?

続きを読む
posted by リュ〜菜 at 19:17| Comment(8) | リュ〜菜 (小ネェ〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月10日

早いもので

今回の原稿は中ネェ〜からの投稿です

太陽

《中ネェ〜》で〜す

早いもので、父が母の元へ旅立ってから三週間が過ぎてしまった

五月の入院以来、幾度も危機がありその度に父は乗り越えてきた
声を掛けても返事を返してくれるのは稀で、なかなか目も開けてくれない
毎日の様に病院へ行って、民謡のテープを流して頭を撫でてくるだけ

鼻には管が入り酸素マスクもしている…硬直して手足を触ると痛がる
そんな姿が悲しすぎて長居が出来なかった

症状の落ち着いていた9月に、母の納骨をする事が決まっていた
だが直前になり数値が下がり始め…納骨を止めようかと話し合った
“私がじいちゃん見てるし、何かあっても言われた通りに段取りするから行って来て、行くのを邪魔するじぃちゃんでないって”との娘の言葉と当日早朝の父の数値を見て京都行を決行することにした

母のお骨が入ったバックを父の手に当てて“帰って来るまで頑張ってや”
と声を掛け駅へ急いだ
姉達、長女や次女一家と東本願寺へお参りし、とんぼ返りで父の元へ…

待っていてくれた父に感謝 そして見守っていてくれた娘にも感謝
気になっていた父の頭は娘の手で綺麗に散髪してあった 
 なぁな~(娘)ありがとうね じぃちゃんも気持ち良かったと思うよ

そして翌日亡き母と父の兄の迎えで静かに静かに旅立って行ってしまった
父の兄と全く同じ9月16日が命日となった
96年間よく頑張ってきたね 有り難う ゆっくりと休んで下さい

歌う事が大好きで(美声でした)晩年は民謡一筋で、孫達の結婚式では、秋田長持唄を見事に歌い上げていましたよね

民謡の大会で着た浴衣や着物が何枚もあり、最後に思い出の浴衣と着物を着せてあげました 
上からもう一枚 民謡教室の名前入りの着物も…

出棺の際には父が歌った(お立ち酒)を流してもらいました
本当は(武田節)をと思ったが、300本のテープの中から見つからなかった
私は父が歌った(武田節)が何より大好きだった

両親が亡くなり…寂しいでしょうとか楽になったでしょうとか言われるが、まだ亡くなったという実感がない

ここ数年、泣きわめきたい程の思いをした事もあったが、そんな感情はすべて無くなってしまった

両親とも最後の数か月は食べる事も飲む事も動く事すら出来ず…
辛くて悔しかっただろうなと思う
そんな苦しさから解放されて良かったねと言葉を掛けてあげたい

母に出会えたら大好きな歌を沢山聞かせてあげて下さい 母の手拍子で…

先日地区の敬老会で歌っている父の姿を編集したDVDを届けて下さった方がいて……涙 涙となりました

posted by リュ〜菜 at 18:37| Comment(6) | 中ネェ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

包帯?

kumo.gif

リュ〜菜のひとり言


ある日のこと・・・
リュ〜のブラッシングを始めたらリュ〜がキュッと体をひねったので「痛かった?」と言いながらお猿さんの蚤取りよろしく毛を分けながらどうしたのか見ていたら“ありゃ〜”
以前からあるイボが大きくなっていた
私「又イボ取りに行かんといけんわ〜」
夫「又け〜〜」
これで今年になってから二度目のイボ取り(何年か前にも1個取っている)
他にも大きくなっているイボが無いか全身を触診(;^ω^)
小さいイボは幾つか見つかったが大きい物は他に無かった

しかし尻尾の付け根部分を触ったら少し大きいものが手に触れたので“こいつはどうかな?”と少し強く押すように触ったらポロッ
“あら〜取れっちゃった、ラッキィ〜〜”
イボだと思い込んでいた私は取れたので良かったと思っていた

そして翌日主治医のもとへ
先生「どうしました?」
私「又イボです」
先生「どれどれ、確かにイボですね。取りますか?」
私「ブラッシングで引っかかって痛がるのでお願いします。尻尾の所もあったけれど取れました」
確認の為、先生が診て「これはイボじゃないですよ。皮膚炎起こしてます」
かさぶただったから簡単に取れたんだ〜〜〜
先生「皮膚の抵抗力が弱くなって炎症が起きやすくなっていますね」と言いながらカルテを見て「12歳か。ん〜〜ん」

去年大手術を二回もしたリュ〜は全体に弱っているように感じる
ほとんど吠えなくなったし飛び跳ねることも少ない
寝込んでいるとそばを通っても気がつかない
老いを切実に感じる

とりあえずイボはこれまで同様にレーザーで切り取り、炎症を治すための抗生物質(飲み薬)と傷口を消毒するための消毒液を貰って来た

前回は足も口も届かない場所だったので傷口を荒らすことは無かったが、今回は右前足の付け根付近なので後ろ足で搔けるのでどうにかしないといけない

何か包帯のように巻ける物ないかな〜綿じゃないと傷口が蒸れるしな〜と考えながら引出を見ていたら大判の綿ハンカチ2枚発見

ミシンを出すまでも無いので早速チクチク手縫いで包帯チャンチャンコ完成
洋服大嫌いなリュ〜が黙って着てくれるかな?と思いながら着せたら何の抵抗もしないで黙って着てくれた

花柄だけど男だよ.JPG  ボタンもう一つ付けないと.JPG

やっぱりハジケテる〜.JPG  どうでも良いや.JPG

これでカキカキしても直接傷に触れないからバイ菌が入ることは無いだろう

それにしてもあれだけ嫌いだった服を黙って着るのもやはり老いのせい?

posted by リュ〜菜 at 14:17| Comment(6) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

今年は母が・・・2

kumo.gif

リュ〜菜のひとり言


9月24日に胆嚢の摘出手術をした母が10月1日に無事退院した

大手術になるかも?と言われた術前説明の時、涙を見せた母だったが最小限の手術で終わりニコニコでの退院となった

この日、午後退院と言っていたのだが待てど暮らせど母から「帰って来たよ〜」の電話が無い

夕方になってしびれを切らせ電話をかけたら「いろいろありがとう、無事帰ってきました」と弾んだ声が帰ってきた

昼食後に入浴して兄に迎えに来てもらってそのまま、いつも行っている整形外科へ乗せて行ってもらったとか

母は寝たきりになるのが怖くて入院中も病院内を散歩していた
しかし術後ということもあったのかそんなに長時間歩いたわけではないが膝が痛くなったそうで、28日お昼頃に診察に行ったところ痛くて立ち上がれなくなってしまった

膝付近がブヨブヨになったので又水がたまった?(これまでにも何度か水を抜いている)と思い、病院の整形で診てもらいたいと言ったらいつも行っている整形外科から紹介状を貰わないと診られないと言われたとか

そんなことってある?
入院中になったことなのだから診察ぐらいできないの?

と思うが母は電話でいつもの病院へどうしたらよいか聞いたそうだ

とにかく安静にして退院したらすぐに来るようにと言われ(入院中の)病院で湿布だけもらい貼ってその日の移動は一日車椅子

何とか夕方には痛みもひいたそうだ

元々気力十分の母なので手術が最良だったこともあり楽観的でいたようだ

10日ぶりの我が家で待っていたのは愛犬キット(ミニチュアダックスフント)

尻尾フリフリ飛びついて来たと嬉しそうな母

ちなみにこのキットは我が息子リュ〜の天敵
私が実家へ行くとキットはいまだに(7才)“ウレション”(嬉しくておもらししてしまう)をするほど喜び、飛びつきまくる
義姉も「うちの孫たちが来てもこんなにならないのに」と言っている
だからリュ〜は“こいつはおかあさんに馴れ馴れしい奴!”と思っている
実家から帰ってくるとリュ〜は必至で“クンクン!クンクン!”
そして自分の体をこすりつけてキットのにおいを消す作業に取り掛かる

とりあえず母が元気に退院できてメデタシ・メデタシ

posted by リュ〜菜 at 19:16| Comment(6) | リュ〜菜 (小ネェ〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする