2014年03月28日

七回忌

kumo.gif

リュ〜菜のひとり言



24日に実家の父の七回忌に行ってきました

“はや 七回忌?” “まだ 七回忌?”と思う

父は2008年3月30日に逝った

その2年以上前に胆管癌を発症
黄疸が出て、かかりつけ病院へ入院したけれど治療しても黄疸が引かず大学病院へ紹介してもらい精密検査をしたところ胆管癌になっていて、胆管が閉塞して黄疸を引き起こしていた

即手術となり主治医の術前説明を兄と二人で聞きに行った
(母によると父は「なんで入ったらあかんのや!」と不満げであったとか)
(癌の話は父に聞かせたくなくて兄と二人だけで説明を受けた)
胆管癌の事、手術の説明、そして余命が告げられた

「手術をしても半年から1年、それ以上と言うことも十分考えられますが患者(父)さんに病名を告げても良いですか?」

兄と私は同時に同じ言葉が・・・「言わないで下さい!」

父はとても気の弱い人だった

自分が癌だと知れば一気に落ち込んでしまう・・・と言うか心が死んでしまう
だから全員で頑張って?だますことにした

先生「病院関係者全員に周知徹底しなければならないので病名はどうしますか?」
私「胆管炎では?」
先生「わかりました、手術の説明はそのままで良いですか?」
私「できるだけ医学用語を沢山使って説明して下さい」

父は絶対に“分からない”と言えない人
分からなくても“分かりました”と返事してしまう
そして後で私に何のことや?と聞く
父は母や兄には強気だが私には甘えていたのでいつも私の言うことだけは素直に聞いた

その日から家族・病院総ぐるみで“肉体が生きている間、心も生きていてほしい”と願い、愛の嘘が始まった


続きを読む
posted by リュ〜菜 at 20:14| 福井 ☀| Comment(2) | リュ〜菜 (小ネェ〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月22日

棘?

kumo.gif

リュ〜菜のひとり言



夫のケガ休業から2週間が過ぎたある日の夜

仕事が終わって二階へ上がった時左中指がチクチク・・・
薬指とすれるたびにチクチク・・・

棘ならぬ毛髪が刺さっているのだとすぐに分かったが見えない
“ここだ”と思うところをルーペで見るが見えない

毛髪が刺さった経験は、これまで何十回・・・?

同業者の方は必ずと言ってよいほど経験していると思うけれど、素人の方は「なぜあの柔らかい毛髪が刺さるの?」と思われるかもしれない

毛髪のカット面は斜めになっている
そしてその長さが1o程度だと鋼状態

私達の手の皮膚は日常的に薬品(パーマ液や染毛剤等)やシャンプーなどに浸食?されてとても柔らかい

その為、カットした毛髪が刺さることは珍しくないのだ

そしてその日刺さったのは白髪だと思う
そしてそして皮膚から出ているのは極わずかなのだろう
だから見えない
一番強い老眼鏡を掛けても見えない
だが逆なですると“チクン!”と痛い

この見えなくて痛い棘(毛髪)を取る必殺技はカミソリ
逆目にカミソリを入れると切れてしまうので正目にソッと皮膚の上を滑らせる
そうするとカミソリに引っかかって抜けてくる

早速店舗へ行ってお顔そり・・・いや刺抜き

ここと思うところを二度カミソリで正目に滑らせた

抜けた感じも何もないが逆なでしても痛くなくなったので間違いなく抜けた

カミソリの刃の部分をよくよく見ても見えないのだから1o以下の毛髪だったのだと思う

ところで夫はまだ休業中だけどかなり良くなってきた
入浴もようやく先生から許可が出たので確実に良くなっている

今だから言えるけれど最初は本当に痛々しかった
骨折した左手の甲と手のひら、5本の指全部、左足の付け根と左首から右腰に掛けて、特に骨折した胸のあたりは真っ青
内出血で大変なことになっていた
2週間が過ぎて全体が黄色くなって腫れもかなり引いてようやく気分的に安心した
本当にこの程度ですんで良かったと思う

先日の夫との会話
私「あんたは相当この世に縁があるの〜」
夫「ほやな(そうやな)〜何べんも死に損ねてるもんな〜」
私「ほんでも(それでも)私より先に死なんと大変やよ〜」
夫「ほんなこと(そんなこと)よ〜わかってる〜(良く分かってる)」
私「ま〜、はよ(早く)死なんでも私が長生きすればいいだけやけどの〜」
夫「ん!ん! 長生きしてくれや〜」
夫「ところで、おまい(お前)は骨折したことあるんか?」
私「一回もないわ〜」
夫「いいな〜」

夫はこれまでに何回も骨折している
結婚前にはスキーに行って足を骨折、その後に腕も骨折
結婚後も肋骨の胸側を今回も含めて2回、背中側も一回骨折
それに今回は指も骨折

夫の骨密度はとても良い
むしろ私の方が悪いのに、なんで夫は骨折ばかりするんでしょ〜〜ね〜〜???

posted by リュ〜菜 at 22:01| 福井 ☀| Comment(4) | リュ〜菜 (小ネェ〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月17日

県女性部活動報告


平成26年3月16〜17日
 県女性部26年度総会・新年会  芦原温泉清風荘
県女性部の会計年度・事業年度は毎年3月〜翌年2月末なので26年度最初の活動

16日午後5時30分より総会
  資料にともない議事進行
 ・開会挨拶
 ・平成25年度活動報告
   3月 4日 組合支部長会オブザーバー
         近畿競技大会接待打合せ
   4月 8日 組合支部長会オブザーバー
   4月22日 近畿競技大会実行委員会議
   5月13日 組合支部長会オブザーバー
         近畿協大会会場視察
   5月19日 福井県理容競技大会お手伝い
   6月17日 近畿地区女性部長会議
   7月 1日 全国女性部長会議
         組合支部長会オブザーバー
   7月 8日 近畿競技大会実行委員(接待)会議
   7月21日 近畿競技大会リハーサル
   7月22日 近畿競技大会
   9月30日 県女性部親睦会
  10月28日 教育部主催・県女性部協賛講習会
  11月11日 近畿協議会青年部・女性部会議
         組合支部長会オブザーバー
  11月18日 県女性部設立25周年記念事業会場視察・交渉
   2月10日 県女性部設立25周年記念事業協力者会議
   2月20日 監査
 ・平成25年度収支決算報告
 ・平成25年度監査報告
 ・平成26年度予算(案)
 ・平成26年度活動予定
   3月16〜17日 総会・新年会
   5月18日 県女性部設立25周年記念事業協力者会議
   5月19日 県女性部設立25周年記念事業
   6月23日 セーレン・スキンケア講習会
  10月27日 臨時総会(次期部長・監査選出)・親睦会
   時期未定  組合支部長会オブザーバー数回
    〃    近畿女性部長会議
    〃    近畿協議会青年部・女性部会議
    〃    教育部主催・県女性部協賛講習会
  27年2月末 監査
    その他、組合事業協力・必要に応じて役員会

各議題について説明・承認を頂きました

その後、新年会
参加人数は少なくなりましたが皆様、大いにしゃべり・大いに歌い・大いに笑い・・・
時間が過ぎるのも忘れ、いつの間にか3時間を経過

その後部屋へ戻り二次会
ここでも、ワイワイ賑やかしく時間が過ぎ、時計を見れば日付が変わってしまっていました
午前様になっても元気でいつまでも若い我ら県女性部

これからも和気あいあい楽しくいつまでも女性部を盛り上げ、組合のお手伝いをしていきたいと、皆様の心を一つにした親睦会でありました

皆様お疲れ様でした。そしてご参加いただき有難うございました
本年も各活動へのご協力を宜しくお願い申し上げます
posted by リュ〜菜 at 14:32| 福井 ☀| Comment(8) | 女性部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月13日

ぅん〜〜めぇ〜〜

kumo.gif

リュ〜菜のひとり言



我が家の駐車場の横に昨年事務所が開設された

名前は“森のほうかごがっこう”
HP http://rakuraku2000.com/には次のように書いてある
森のほうかごがっこうって何?
こどもたちの環境教育及び研究を行う為に、2000年に設立された特定非営利活動法人です。『遊ぼう!学ぼう!創造しよう!』をテーマに川遊びや山遊びなど、自然の中での遊びを重視した環境教育・アート活動を行っています

ご近所の方も最初は何をしているのか分からず、我が家へ来られて「あそこ何してるトコヤ(何をしているところですか)?」と、聞かれる

我が家は床屋だから「・・・してるトコヤ」と聞かれたら答えるしかない(笑)

「聞いたところではNPO法人で子供たちのキャンプや野外活動の企画・支援をしているそうです」
説明してもその程度だけど「そうか〜」とお客様は何となく安心しておられる

なぜご近所様達が心配げに聞かれるかと言うと20年位前のことになるが怪しげなサラ金から借金して返せず、家を担保に取られたご近所さんがいて、そこが暴力団事務所になる寸前までいって大騒動になったことがあったからだ
幸いにも親族の方が借金を返し、家を取り戻したので事なきを得た

そんな経験があるから何か分からないと心配になるのだろうと思う

そんな事務所に最近になって新人さんがやってきた

その名は“ヨーゼフ”
1才(おとこのこ)のヤギさんだ

  (こんにちは〜)               (僕ヨーゼフで〜す) 

IMG_0117.JPG  IMG_0118.JPG

  (キャベツ・キャベツ)            (もっとチョ〜ダ〜イ)

IMG_0119.JPG  IMG_0120.JPG

エーゼフ君は雨が嫌いらしく降ってくるとハウスの中に入り、お天気が良いと外に出ている
そしておねぇさんに連れられて河原までお散歩
そこで1時間ほど草を食べているそうだ

とても人懐こくてカワイイ〜〜
声も“メェ〜〜〜”となくだけだからうるさくないどころか、牧歌的で耳触りが良く癒しになる

前を通り過ぎて、いつ振り返っても私の方を見ている
思わず顔がほころび心が和む

写真を撮りに行ったとき撮影料として(笑)キャベツを持って行ったら美味しそうに食べた
“ゥン〜メェ〜〜〜”と思ったかどうかは分からないけれど(笑)

その時お父さんに連れられてヤギさんを見に来られたお子さんがいた
最初もじもじと遠目に見ていた子も「キャベツ食べさせてみる?」と事務所の方に言われてヤギさんのそばへ

「何歳?」と聞かれても、知らない人との会話には「・・・・」だったがヤギさんと触れ合ううちに心の鎧が取れたようで饒舌になった
「ぼく6歳 この前動物園行ったらヒョウがいたよ みんな(幼稚園の友達)は見えなかったけど僕と○○先生だけ見えたんだよ〜 そしてね〜・・・」

ドンドン進んで話を始めた男の子

動物の癒し効果は絶大ですね(^^)v
posted by リュ〜菜 at 19:31| 福井 ☔| Comment(4) | リュ〜菜 (小ネェ〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月10日

待ちくたびれた〜

kumo.gif

リュ〜菜のひとり言



夫が休日に肋骨と左手中指の付け根付近が軽い骨折となった
軽いとはいえコルセットにギブス

仕事はもちろんリュ〜の世話も全くできない
という事で先週は私一人でセッセとお仕事と家事とリュ〜の子守と夫の介護(^▽^;)

毎日朝、湿布を貼ってコルセットを巻き、手のギブスを外し湿布を取り替えきれいに拭いて又ギブス
体中が痛いので湿布のオンパレード
入浴できないので日中に頭を洗い夜は足を洗って体を拭き・・・完璧介護状態

リュ〜も最初は焼きもちを焼いて割りみワンワン吠えていたが徐々に諦め?恨めしそうに見ていて段ボール(ストレス解消グッズ)へ直行!ガジガジ!!

店にいるのが嫌いなリュ〜
なぜかと言うと店は暖房がきいていて温度は23度
暑いのが苦手なリュ〜は1時間もいると“ヒィ〜ヒィ〜ハァ〜ハァ〜”となってくる
だから今まではお客様が来店されるまで二階でリュ〜と待機(二階は暖房をかけていない)

しかし日曜日は朝から忙しく全くリュ〜の相手をしてやれなかった
お客様はありがたいもので私一人で時間がかかると分かると「何時頃来たら良い?」と予約して出直して下さった
電話のお客様は勿論予約

朝8時から夕5時まで(昼食抜き)一休みする暇も無く立ちっぱなし

リュ〜は私が仕事をして夫が座っているのが大いに不満
昼過ぎには“アンンン アンンン”と文句を言いだした

(カメラを向けると横を向いてしまう)
IMG_0116.JPG

(手作りチャンチャンコを着て・・・)
IMG_0115.JPG

それでもリュ〜は状況を分かってか分からずか?何とか仕事が終わるまで頑張った
「終わったよ〜〜良い子だったね〜〜」と手を出したら“待ちくたびれたワン!”と飛び乗ってきた

あとどれくらいで夫が仕事復帰できるか分からないけれど、それまで私もリュ〜もがんばるワン! 
posted by リュ〜菜 at 17:41| 福井 ☀| Comment(8) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月05日

早いなぁ

今回の原稿は中ネェ〜からの投稿です

太陽

《中ネェ〜》で〜す

今年の福井は降雪もなく穏やかな日々が続いている

早くも3月に入り母が亡くなってから一年、父は半年が経とうとしている、
少し早いが、先月(16日)に両親の一周忌法要を済ませた

1月から色々と準備を始め…前日には引き出物の搬入やお供えの花等が届き、祭壇の周りは一気に華やかに甘い香りが漂い心なしか両親の顔が微笑んで見えた

夫と共に座布団を並べたり、夜に来る子供達の布団の準備をしたりと忙しい〜
思いがけず京都や滋賀に雪が降り、無事に来れるのかとても心配したが、次女一家は明るいうちに、長女一家は夜の23時に無事に到着した (*^^)v

どちらも開口一番…“何で福井は雪がないの〜〜”だった
二度に分けての食事と会話が弾んだので寝たのは夜中 子供達は3時だったとか

翌日は10時からの法事となっていた為、全員眠たい眼を擦りながらも早起き〜
親戚の人達も揃いはじめた時…“お寺さん来なったよ〜”の声が〜〜

玄関まで出迎えに行き思わず目が点になった(*゚д゚)ぇ(゚д゚*)(*゚д゚)ぇ(゚д゚*)
何と上寺と下寺のご住職が二人…お願いしたのは下寺さんだけの筈なのだが…

慌ててお布施を包んだり、昼食の追加注文をして名札を書いて貰ったりと大慌て
引き出物も欠席の人の名札を外して作り直したり、と \(;゚∇゚)/ヒヤアセモン☆

ようやく座敷に座った時には、もうお経が始まっていた(~Д~;) フゥエエエ
暫くして夫の姉が気分が悪いと言うので、別室で休んでもらう事にした

やれやれと思って座ったらピンポ〜ンとチャイムが鳴り今度は郵便書留が…
2つ目のお経が始まってからようやく落ち着いて聴く事が出来た
そして最後の講和の中で話された、この言葉が強く心に残った

 花びらは散っても
       花は散らない
   人は去っても
        面影は去らない

11時過ぎには別席に移動する為お客様はマイクロバスにて出発、我々は婿殿と長女の車に引き出物などを載せてε=ε=ε=ε=ε=ε=(ノ*´Д`)

食事が始まり、お礼とお酌に何度か回ったが、何処を見回しても笑顔ばかりで見ているだけでとても心が和み、やっと落ち着いて腰を下ろす事が出来た

デザートが出る頃に、下寺さんご用達のタクシー会社に電話するが空きがなく、何処へ掛けても空きがない、結局私と長女の婿殿で代行運転をする事になった
金津のお寺までε=ε=┏( ・_・)┛ε=ε=┏( ・_・)┛

帰路は婿殿と会話が弾み、ポカポカ陽気で気持ちの良いドライブとなった
家に戻ると全員が帰り、残っていたのは子供達だけ…
すぐに帰るねと言っていたが、小宴会が始まってしまった〜☆^▽^☆

夫もニコニコと楽しげであった
そして車いっぱいに野菜等しっかり詰め込んで京都〜滋賀へと戻って行った

二人だけになりシーンと静か〜になり、両親の前で今日一日を語り合った
  “二人とも皆んなに会えて嬉しかったやろ〜良かったねぇ”
posted by リュ〜菜 at 20:50| 福井 ☁| Comment(4) | 中ネェ〜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする