2017年08月31日

思い出・・まみ編2

kumo.gif

リュ〜菜のひとり言



“まみ”続きます(;’∀’)
半年ほど何事もなく過ぎたころ、雄犬がうろつき始め・・・
“あ〜手術しないと”と思い避妊手術に連れて行きました

迎えに行ったら先生が「この子は神経質ですね〜麻酔が効かずに2本打ちました。ズッとなきとおしです」

ケージに近づいたら“(ノд-。)あぅ。。(ノд-。)あぅ。。”と悲痛な声がきこえました
カラーをつけていたので引っ掛かりながらケージから飛び出し車へまっしぐら
「そんなに走ったらアカン(ダメ)」と言っても止まらず・・・
よほど不安だったのでしょうね

この日以降、車に乗る=痛い&不安 
完全乗車拒否するようになってしまいました

“まみ”は大人しく、優しく、臆病な性格

大人しい=散歩に行こうとリードをみせると嬉しくてグルグル走り回るのですが夕方は仕事の合間なのでお客様が来られると延期(散歩後回し)になり「後でね」と言うと、嬉しくて飛び跳ねていたのに大人しくハウスへ・・・

優しい=散歩に行くとき、私の体調があまり良くないときがあってその時に「おかあさん、今日は“おてきない”(しんどい)の」と言うと、いつも走り出したりじゃれたりするのに、お座りしてリードを替えるのを大人しく待ち、走り出すこともなく散歩中時々振り返り“大丈夫?”と聞いているよう、そして自ら最短散歩コースを選んでいつもの半分以下の時間で帰ってくれました(大げさではなく本当の話です)
ワンちゃんも毎日話しかけていると言葉だけではなくテンポ?もある程度理解できる?

臆病=散歩中に他のワンちゃんと出くわし、威嚇されると私の後ろへ隠れてしまう。 近所のお客様とあった時「いっぺん(1回)紐(リード)持たせて」と言ったので渡したら“まみ”が何か感じたのか振り返りリードを持っているのが私ではないとわかったら座り込んで一歩も動きませんでした
夜中に雷が鳴った時、朝起きて朝食をやろうと思ったらハウスにいない。リードを手繰って行ったら何とボイラーの配管の下へ入り込んでいました、配管の隙間は10pもない
どうやって入ったのか?それより前にどうやって出そう‼‼
夫を呼び「どうする?」前、後ろどう引っ張っても出られない!涼しい顔の“まみ”
夫「水道屋さんに頼んで配管切るか?」私「最悪そうしないとね」
何とか引っ張り出すのに成功。雷が怖いのは分かっていたけれど、ここまでとは・・・

この他にも脱走事件が二度(この件は次回)

“まみ”が特に好きなこと
お散歩コースの三分の二ほどは田んぼ
刈取が済んだ後の田んぼに飛び込み、ゴロゴロ転がって回る
刈取後残った稲の根元の“ツンツン?チクチク?”が好きだったよう・・・
“あ〜快感!”と言う感じでしょうか(;’’∀’’)
1〜2週間程は毎日ゴロゴロ・・・でも柔らかくなってくると素通り

お散歩よりうれしかったのは毎晩閉店後に店に入れてもらえること
閉店後に店内へ入れてやると嬉しくて走り回る
でも滑る滑る(;’∀’)何歩か走ると滑って転びそのまま壁へドカン!ひるまず又走りドカン!
そして大のお気に入りがタオル
“まみ”のタオルを振ってやると飛びつき綱引き状態で遊び、興奮
投げると取りに行き滑り込み・・・ドカン!何度も繰り返して遊んでいました

つ・づ・く・・・(;’’∀’’)
posted by リュ〜菜 at 21:12| 福井 ☀| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

思い出・・まみ編1

kumo.gif

リュ〜菜のひとり言



竜にはおねえちゃんがいました
名前は“まみ”名付け親は息子(中1の時)です
由来は山瀬まみさん(言いませんが(;’∀’)ファンだった?)

1985年7月
我が家の前を子犬がフラフラと歩いて行ったのをチラッと見かけた私は“道路へ出たら車にひかれる!”と思ってドアを開け様子を見たらその気配?音?で振り返り迷わず店の中へ走り込んできたのです(その時の“まみ”の顔と姿を今でも覚えています)
勿論野良ちゃんの子

その時店にいたのは夫と私(義父母はお昼寝中)
私になでられている子犬を見た夫は一言「洗っとけ」
そして何も言わずに外へ・・・
十数分後戻ってきた夫の手には首輪とリード
シャンプーされ牛乳を一気飲みし、首輪をしてまったりしていたワンコは生まれつき我が家にいたように馴染んで、脱いであった夫の靴の中へ入り爆睡(靴の中へ入れるほど小さかった)
店に出てきた義父は靴の中で首輪をして寝ているワンコを見て目が点(;’∀’)
でも何も言いませんでした

学校から帰ってきた息子に「名前つけて」と言ったらしばらく考えて“まみ”と名付けたのです
その時は由来を教えてくれませんでしたが“女の子らしい名前”と思いました
その日から我が家の長女になった“まみ”
それから1ヶ月後私が急性肝炎で入院するまで店舗内にいた“まみ”
外におけなかった理由は近所のワンコ(メス)
このワンコはとても気が荒くて他のワンちゃん、ネコちゃんに噛みつきまくり・・・
そうそう蛇もいましたっけ・・・
このワンコは飼い主から虐待を受け荒々しくなってしまったのですが我が家では大人しく毎朝勝手口(というほどのもんじゃないけど)前に座って私が起きてくるのを待っていました(朝食のおねだり)
我が家を縄張りと思っているので“まみ”が殺されてしまうかも?と思ったのです

入院中の出来事
その1、病室に夫と息子が来たのですが夫の手には何と“まみ”が(-_-😉
    「ここ病院だよ〜!動物連れてきたらダメでしょ」
    息子が服に隠し急いで連れ出しました
その2、いつまでも店舗内においておけないので外に連れ出し義父がワンコが
    来ないように見張りながら1日中付き添って外の子にしたとか(退院する前日)

私が退院してからワンコが入ってこられないように通路を塞ぎ、ハウスもなかったのでとりあえず棚の底に“まみ”が出入りできるような20p各程の穴をあけ、戸を下にして置きました
(私はDIY女子だったのです)
はじめは入らなかったのですが、おやつを外からハウス?の中まで点々と置いたら入って行き、夫の靴が寝床だった“まみ”は、この日からこの棚が寝室になりました
大きくなったら体に合ったハウスを作ってやろうと思ったのですが、“まみ”は大きくなり始めたら毎晩自分で“我が家”をリフォーム
小さくなってきた出入り口をカジって徐々に大きくしていったのです(最終的に全てかじり最大限に広げました)
“まみ”はとても神経質(臆病とも言う(;’∀’))なので私が思う快適なハウスより小さくても馴染んだハウスの方が良いかも?と思ってしばらく様子見

まみ3.jpg
(ポラロイドで撮った写真(2才位)なので保存状態が良くありません)

ここまでで我が家の子になってまだ半年
14年いた“まみ”思い出は尽きません

つ・づ・く・・・かな?
posted by リュ〜菜 at 08:16| 福井 ☁| Comment(6) | リュ〜菜 (小ネェ〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

思い出・・

kumo.gif

リュ〜菜のひとり言



昨夜(水)閉店後のこと
私が先に二階へ上がり、しばらくして夫がご帰宅(;’∀’)
翌日(今日)から二日間の東京出張段取りをしていた夫が「お〜い」と呼んだので「何?」とそばへ・・・

「保険の掛け金、どの通帳へ入れるんや」
来月火災保険満了(年掛)なので掛け金をしなければならない
解約申し入れをしないかぎり自動引き落としなので通帳に入れておかなければならないけれど、すべて“貴女”任せの夫はどの通帳から引き落とされるか知らないのです(;’’∀’’)

夫の横に行き「これ〜」と目の前の通帳をかざす
夫「いつでもいいんやろ〜」私「来月いっぱいに入れれば良いけど〜」
「又入れてきてくれや」 「うん」

そこで何となく不穏な目線(‘◇’)ゞを感じた私
頭を上げるとそこに・・・竜がいた〜〜〜
そう!竜の前で二人くっついてしゃべっていたのです
竜が一番嫌がること
それは夫と私がくっついていること

私「ごめん、ごめんあなたの前だったの忘れてた〜、こっちおいで〜」
竜(写真)を夫と私の間につれてきた(;’’∀’’)
夫「ほんとに、いつも、こいつは間入ってくるな〜」と竜をなでる夫

いつも二人そろうと竜は走ってきて急いで間に割って入る
夫がからかって「おとうさんのおかあさんや」と私に触るものならその手を“マジ噛み”
そのたびに「ごめん、ごめんおとうさん悪かった〜」と謝る夫
竜にすればおかあさん大好きという前に動物の本能としての順位争奪戦?
リーダーはおかあさん、サブリーダーは自分(竜)、三番手がおとうさん(夫)と思っている竜
リーダーの横はサブリーダーである自分の場所
そこを奪われては順位が逆転!
“えらいこっちゃ〜!”と飛んで来たのかも?

私がいないときは必ず私の座椅子の上で寝ているとか
私がいたら絶対に乗らない“リーダーの座”
リーダー不在の時はサブリーダーの自分(竜)が“座”を死守しなければ!と思っているのか、いないのか?
夫が呼んでもチラッと見るだけで絶対に降りないとか・・・
私はその姿を一度も見たことがありませんが想像はつきます
あの“てなわん(ヤンチャ)”顔で“座”を守っている竜

夫と二人で思い出を語りだしたら切りがない
勿論おねえちゃんの“まみ”の思い出も・・・
でも涙ではなく笑顔での思い出話
今だに“まみと竜”だ〜〜いすき!バカ親で〜す
posted by リュ〜菜 at 19:59| 福井 ☀| Comment(2) | リュ〜菜 (小ネェ〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

蜂その後・・

kumo.gif

リュ〜菜のひとり言



前回“刺された〜”でご紹介した蜂(ミツバチ)その後

刺されてから数日間は“現場”へは立ち入らず離れたところで草刈り(ヨーゼフの餌)
万が一又遭遇するといけないので虫が一番嫌うと言われているミント(ハッカ)原液を両手、両足、首筋などにポンポンして出勤(;’’∀’’)

でもその“現場”が最も良い状態の草が生えている
良いというのはヨーゼフが喜ぶ草
ヤギにも好き嫌いがあるようで“これかい”という顔をする草と“はよかせ!”とばかりに食いつく草など
本当に“これかい”っていう顔をするんですよ〜
どんな顔か?不服そうな顔で草と私の顔を交互に見るんです
そして食べ始めないんですよ〜
「今日はそれしかないの」と言って帰りかけるとやっと食べ始めるんです

食いつきの良い草が“現場”に群生しているのでまだ蜂がいるかちょっと様子を見ようと近づき鎌で静かに草をユラユラ
“ブ〜ン”と2匹の蜂が出てきました
草の上で2匹が旋回、警戒モード?

おまけに数日で体調は二倍以上?大きく育って〜・・・
飛んでいるのは2匹だけで他にはいない様子?
どうやら群れを作らず二匹だけで住み着いた様子?

両者の無言の対話( ´艸`)
“おばちゃん、又刺されたいんかい?”
“いや〜もういいで〜す。お静かに〜”

とにかく蜂に出会ったら動かないでジッとして様子を見る事が一番良いらしいので、ジッとしていたからか、ミントのにおいか?又草の中へ戻って行ったので、そっと少し離れて蜂のいる場所を刺激しないように食いつきの良い草を一食分取って蜂が飛び出さないか見ながらそっと後ずさり

能天気な私は“巣が無いから攻撃性は無い”と勝手に決めつけて共存共栄(;’∀’)
毎日“現場”から半径2m以内に立ち入らないようにして、時々蜂が飛んでいないか確認しながら草刈りしていましたが・・・

河原の草が復活!(河川管理者が6月に全面刈取)
そこの草は刈り取った後1日しか持たないけれど柔らかくてヨーゼフが喜ぶ草なので今は河原へ移動
蜂さんも落ち着いて?生活できるかも(*^^)v
posted by リュ〜菜 at 08:22| 福井 ☁| Comment(4) | リュ〜菜 (小ネェ〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月07日

刺された〜〜

kumo.gif

リュ〜菜のひとり言



ある朝のこと
毎朝の日課であるヨーゼフの餌(草)取りに出かけました
いつも通りに大きな袋と小さな袋に種類(日持ちするかしないか)によって採り分けて“後一掴み採ろうか〜”
草の中に手を入れたら“痛〜〜!”

思わず手を引っ込めたら二匹の蜂が飛び上がってどこかへ飛び去りました
“え〜〜蜂?”

まさか草の中に蜂がいるとは思っていなかったので・・・
刺された〜〜〜( ゚Д゚!!)(-_-;)

蜂の巣で無かったのが不幸中の幸い?
刺されたのは右親指の関節のところ
針が刺さったままだと大変なのでとりあえず家に帰り冷却するのと、ばい菌が入るといけないので、患部に水道水を流しっぱなしにしてから触らないように針を探したけれど無い!
残っていなかった様子
体調1pほどの小さい蜂でまだ未熟?

それでもやはり蜂は蜂
効果があるかどうかはわからないけれど冷却できるかな?と湿布を貼り様子を見ていました
幸い蜂アレルギーは無かったようで体調に変化は無し

刺された一瞬の痛みはなくなったけれどお昼頃には関節から親指の付け根付近まで筋肉痛のような痛みとかゆみ(毒?)
親指は半分ほどしか曲がらず・・・
でも夕方にはかなり症状は軽減
翌朝は完全に回復

それにしても蜂さんびっくりしたんでしょうね〜
早朝まだまったり(*´ω`)しているときに“巨人の手”が突然目の前?に来て(! ゚Д゚)となって反射的に攻撃?そして怖くて逃亡?
針が抜けるほど深く刺す暇が無かったのかもですね〜

翌日から網目のある手袋では無くゴムの手袋にしましたよ〜〜〜
それも厚手・・・(*^^)v・・・(*^□^)ニャハハハ
posted by リュ〜菜 at 13:36| 福井 ☁| Comment(4) | リュ〜菜 (小ネェ〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

2泊3日

kumo.gif

リュ〜菜のひとり言



夫は理美容学校研修(本当の研修)2日から4日まで福岡県まで2泊3日の出張

1日に「明日は5時30分に起こしてくれな」と夫
「5時過ぎには草採りに行ってるからモーニングコールするわ〜」と返事

そして持っていくものを準備しなければならないのに銭湯へ行った夫が21時近くになっても帰ってこない
「明日の用意しないといけないんでしょ〜いつ帰るの」と電話
「今帰ろうとおもてた(思ってた)」と言う夫

泊りがけの出張はいつも私が持ち物をバッグに入れる
まるで子供の修学旅行?

2日朝
5時30分にアラーム設定してからいつも通りヨーゼフの餌(草)を採りに出かけ
アラームがなってモーニングコール
5時45分に帰宅したら夫が入れ違いにお出かけ
「ゆっくり(駅まで15分ほど)歩いていくわ」(電車は6時19分)
「自転車で行きねや〜汗かくよ」
「また、お前取りに来なあかんやろ(いけないだろ)」
「汗かいたついでにすぐ取りに行くよ」
「ほんな(それなら)乗っていくわ。頼むな」

夜中の雨で濡れた草むらへ入ったのでズボンの裾が濡れていたので履き替えるか〜と思ったけれど、どうせ汗かくしこのままで良いや〜とすぐに駅に向かって歩き出し
角を曲がって駅まで直進コースに入ったら5〜600mほど先にゆっくり自転車をこぐ夫の姿

結構早歩きで歩いたので10分程で駅につき、駅に入るのも面倒なので自転車のそばから夫に電話
「自転車持って帰るから気を付けて行ってらっしゃい」
「うん、鍵かけてあるでな」
「かかっていても鍵つけっぱなしで何の意味あるん?」(笑)
「ほんでも(それでも)気持ち」(笑)
まったく天然?の夫

私が家についたころ電車が発車
そのころには濡れていたズボンは完全に乾燥

さて私一人でのお仕事&介護の3日間
ゆっくり、のんびりやりましょう
さ〜て開店準備しよ〜っと
posted by リュ〜菜 at 07:59| 福井 ☁| Comment(8) | リュ〜菜 (小ネェ〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

県女性部活動報告

組合理容感謝祭準備お手伝い
7月31日(月)10:00〜
理美容学校役員室において

11月より行われる理容感謝祭の抽選券振り分けなどの準備をお手伝い

理事・支部長・組合広報部部員・事務局の方たちと作業を分担して行い、予定より1時間ほど早く終了しました

皆様暑い中お疲れさまでした
posted by リュ〜菜 at 20:36| 福井 ☁| Comment(0) | 女性部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする