2018年05月30日

ハツ仕事

リュ〜菜のひとり言



先週は22〜25日まで4日間、夫が出張でお店は臨時休業
という事で26・27日の2日間だけの営業となり、昼食時間以外の予約はほぼいっぱい

土曜日は予約通りで、私は洗濯と掃除の手伝いのみ
午前中に出張中のワイシャツやスーツなどクリーニング店まで自転車で持って行きました
ついでに買物と思ったけれどとても身体的に余裕がなく帰宅
店に入ったとたん夫が「大丈夫か?」表情に苦悶?
「大丈夫じゃない!」とエアコンの下に置いてある椅子に・・・
とても暑くて息も絶え絶え(-_-;)
去年は30度以上でも平気だったのに、今年はまだ夏にもなっていないのに暑さ負け
体力がた落ちです(7月の東京行きまでに体力つけないと)

日曜日午前中はスムーズだったけれど14時予約のお客様がかなり早くご来店
接客中だった夫「30分程待ってもらわないと・・・」
お客様「早いの分かって来たから待ちます」
夫に「私しようか?」と言ったら「してくれるか?大丈夫か?」
カットはつま先立ち(かなり痛い)になることもあるのでシェービングとシャンプーのみ

骨折以来の初仕事

半年以上のブランクがあっても体にしみ込んだ技術は万全
でも態勢によって左脚に重心がかかり痛み
夫と交代で(夫がカット、私がシェービング)2名様終了

脚を休めていたら今度は予約無くご来店
次の予約があったので出直しをお願いしようとも思ったけれど、足腰が悪い遠くからのお客様(いつもは予約下さる方だけれど用事で近くに来たので寄ってみたとのこと)
「私するわ」 「大丈夫か?」と夫

とにかく初仕事はいきなり3人様連続
頭ではあまり考えていなかったけれど体は緊張した様子
又いつもの軽い不整脈
夜も興奮状態だったのか睡眠がとれませんでした
技術にはブランクは無かったけれど体力的には・・・(-_-;)

月曜日リハビリに行ったとき、いつもより痛みが強く感じられ
リハ先生「今日は体がビクン、ビクン反応してますね」
痛いけれど痛みは表面なので深刻なもの(骨の痛み)ではなくプレートが神経を刺激している?

術前に主治医から「プレートを入れたままだとブーツは履けません」とは言われていたけれど、この状態では長靴も履けないかも?
ネットで骨折後の体験談などを検索
プレートを取るのは“抜釘(ばってい)”と言うとか
“抜釘”手術をした方々の体験投稿では大きなリスクはなさそう
迷っているなら取る方が良いとも書かれていました

お客様に整体師の方もいらしてプレートの話をしていたら「まだ若いんだし取った方が良いですよ」と言われ「そんなに若くもないですけどね〜」と大笑い

そういうことで夫とも相談し、プレートを取ることにしました

主治医曰く、術後1年はダメだそうで秋頃?冬?
10月と11月の終わりには予定があるので、その時にバッティングしないように主治医に手術スケジュール立ててもらわないと・・・
骨折したときは突然のことで近畿女性部の会議に出席できず代理を頼んだり会長に状況説明やお詫びなど痛みも忘れるほど電話をかけまくり(-_-;)
今度は手術と言ってもプレートを取るだけなので翌日には歩けるはず(希望)
痛みのことはその時にならないと分からないので考えないようにしています(笑)

10月の初めにできればベスト
そうすれば雪が降っても長靴履いて雪かき出来ます(多分(;^ω^))
ベターは11月初め
最悪11月26日の会議が終わって27日以降
どちらにしても8月の検診で相談して主治医の判断待ちですね〜
深く考えない性格の私(*^▽^*)
“なんとかなるさ〜〜”
プレート取りだしたら記念に貰って写真アップが楽しみ〜〜(笑)

とにかくまだ半人前しか出来ないけれど一応仕事復帰できました\(^o^)/
posted by リュ〜菜 at 20:44| 福井 ☁| Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

ハツ熱そしてハツちゃり

リュ〜菜のひとり言



先週の木曜日のこと
義母がデイサービスへ行っている間に冬服を片付けて衣替え中、中腰でやっていたら腰が抜けるような痛さ

どうにか終わったけれど痛みが取れず、あまりに痛いので、骨折後に貰ってあった痛み止め(ロキソニン)を服用しました

飲んだ直後“まてよ〜もしかしてこの痛みは熱?”と・・・
検温したら7度6分
やはり熱が出ていました

夫に「熱少しある」と言ったら「風邪ひいたんやろ 葛根湯飲め」と・・・
でも風邪の諸症状は無いのでどこから来た熱か分からないので薬の乱用は止めて、リハビリに行く病院で一応診察してもらうことにしました

不整脈も若干出はじめたので念のため心電図もしてもらいましたがいつも通りの問題ない波形
診断は風邪ではなく炎症が起きての熱の可能性

2ヵ月の入院中毎日同じような熱が出ていたのでそうなんだろうな〜とは思っていました
余り歩かないときは炎症も治まっていましたがよく歩くようになってから痛みが強くなっていたので炎症が少し出たのかも?

リハビリが終わって家に着いた頃にはロキソニンが効いたのか痛みも熱も治っていました
その後、発熱はありません

21日初めて自転車に挑戦
4月の終わりにスーパーまで行ってみようと骨折以来初めて道路を歩きましたがわずかな凸凹が障害となって痛みが発症
それ以来買物はお抱え運転手(夫)付きでした

5月に入ってリハビリの先生に自転車に乗っても良いか聞いてみました
リハビリでは3月からサイクルマシンで訓練していました
「左足に全荷重しても大丈夫、足首もしっかり動いている、バランスもとれている」という事で広いところで練習をしてから大丈夫だったら道路に出ては?と言われました
夫に言ったら練習はしても良いけど道路はまだまだ危ない!と許可が出ませんでした

練習のためにタイヤに空気入れてと頼んだけれど無視?され(^▽^;)
空気を入れたら乗って行ってしまうと警戒したのかも?
そして前夜「明日乗る練習しても良い?」と聞いたら「きぃつけ(気をつけろ)転ぶな」と渋々了承してくれました
半年以上も苦労を掛けていた夫の許可をもらわないで乗り回して転んだら顔向けできません
夫はタイヤに空気が入っていないので道路へは出ないと思って練習だけ許可してくれたのかも?
でも空気は自分で入れられるんです(笑)

前の駐車場内で練習開始
1週目“意外と安定してる〜” 2週目“全然大丈夫” 3週目“OK”
空気を入れてスーパーまで行ってみようと入れ始めたのですが入らない!
“なんで〜” “入れ方間違ってる?”
どうやらタイヤのチューブが開かなかった様子
半年以上乗らず、おまけに雪の下に埋もれていたので無理もない
根気よく入れていたらどうにか入りました

“いざ!スーパーへ!”
自動車のあまり通らない裏通りを慎重に、そして交差点では早めにブレーキをかけ歩いて安全確認
緩やかな下りでは勢いで行ってしまわないように半ブレーキ状態
上りはいささか足首に違和感
でも歩くよりは断然楽!\(^o^)/

スーパーで買い物をして無事帰ってきました
少しずつ日常に近づく手ごたえです
posted by リュ〜菜 at 20:21| 福井 ☁| Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

医大検診

リュ〜菜のひとり言



5月11日エコーによる事前検査に行ってきました
エコーは血栓の状態を調べるため
前回は2月で大雪の真っ最中
怖い思いをして行きました
今回はお日和も良く、検査は1時間ほどで終わり結果は15日に改めて聞きに行くことに

前回は血栓のあった左ふくらはぎだけだったので30分程だったけれど、今回は両脚ふくらはぎで倍の時間がかかりました

右ふくらはぎ検査中二人の技師さんがモニターを指差ししながら何やら会話
とても小さな声で何を言っているのかわからなかったけれど“ここ”とか“大きい”とか単語だけが聞こえて“もしかしたら右にも血栓?”とか頭をよぎったけれど聞いても技師さんは絶対に教えてくれないので聞きませんでした
もし重大な発見?があったらすぐに結果と診断があるだろうと思いながら・・・
左ふくらはぎは技師さん同士“うん、うん”とうなずきあいながらスムーズに終了

「結果は15日です、ご苦労様でした」と技師さん
「ありがとう」と言って帰路につきました

15日結果を聞きに又医大へ・・・
その前に整形の診察
主治医が「歩き方を確認する」と言われたのです

骨は完全修復してはいますが、痛み(手術の後遺症?)としびれは若干残っています
痛みは縦プレート?の下にあたるくるぶし付近と術痕付近の神経痛?

スーパーの冷蔵&冷凍庫付近は冷気が漂っていて、そこを歩いていると冷えて痛くなります
主治医(整形外科部長)にそのことを言いました
主治医は的確に痛い箇所を押して「ここでしょう」
まさしく“そこ、そこ”でした
主治医曰く
くるぶしの真上にプレートがあって“そこ”は骨、プレート、皮膚と言う感じだそうです
「痛みが取れないようならプレートをとった方が良いかもしれないな」

プレートをとるか取らないかは本人次第とか・・・

又全麻で何十針と縫う手術をしたくないからプレートはそのままでと思っていましたが、痛みとズッと付き合うのも嫌だし・・・

どちらにしても取れるのは秋という事でそれまで様子を見て結論を出すことにしました

そして正座出来るようになったか?と聞かれたので「毎日入浴中に正座の訓練して短時間だけど出来るようになりました」と答えたら「それは良いことです、努力することで早く元に戻れる」と褒められました
正座は膝や足首が柔軟でなければできない事なので正座が出来るようになれば脚が柔軟さを取り戻したという事らしいです

その後循環器科で11日に行ったエコー検査の結果を聞きに・・・
左足の血栓は完全消滅していました\(^o^)/
右足の方は技師さんたちがつぶやいていた“ここ”“大きい”は過去血栓があった痕跡でした
自然消滅?していたようで問題ないと判断されました
とりあえず再発防止のため次回検査まで服薬(血栓を溶かす薬)するようにと処方箋をもらいました

この薬が超お高い(-_-😉
でも血栓が出来て倒れることを考えたら安いかも?
それに竜が飲んで(食べて)いた心臓の薬よりは安いかな?(笑)

歩き方はまだ元に戻ったとは言い難く・・・
でも1ヵ月前と比べれば断然良くなっています

午後はリハビリへ(病院のはしごです)

リハの先生に医大での結果報告?
私と同じ骨折をした他の患者さんはプレートをそのままにして3年経ったけど痛みがあると言っていたとか・・・

「やっぱり取った方が良いのかな〜〜〜」とつぶやいていた私です

次回検診は8月なのでその時痛かったら主治医と要相談(^▽^;)
“先のことはその時考えよう”

とりあえず血栓が消滅したことを喜びま〜す!
posted by リュ〜菜 at 20:46| 福井 | Comment(6) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

検査は苦手

今回の原稿は中ネェ〜からの投稿です


《中ネェ〜》で〜す


アヤメ.jpg ブーゲンビリア.jpg

河原なでしこ.jpg

三月に受けた特定健診でピロリ菌がいると分かった(@_@;)B判定

主治医から胃カメラ検査をするようにと言われ…イヤだ〜と逃げ腰になった
するのなら麻酔でとお願いしたが、何とも憂鬱な日が続いた

8日に夫と共にF病院へ〜〜
受付をしてC16で待つことになったが 緊張でトイレが近くなり迷路の様に何度か曲がって行ったが、帰りは アレ〜C16がない ウロウロしていたら夫が迎えに来てくれた(‘◇’)ゞ

検査が始まり…まず胃をきれいにしますとコップを渡された
半分も飲まないうちに咽て涙目になる 次は凍った物を口に中にポイ〜口が痺れて来た

次は喉にスプレー…
いよいよ麻酔を打つ事になり横になる…左手に注射〜上手くいかない
今度は右手に…これもダメで 手の甲になったみたいだ、何度も痛いんですけど〜

医師が手をグーパーしてと言うが何度も出来て麻酔が効いてこない
1入れて〜効かない もう1 もう1入れて〜効かない 3入れて〜グーパーしているうちに気付いたら検査が終わっていた

別室で寝かされたようだが余り覚えていない
暫くして夫と医師の検査結果を聞いたが私は麻酔が残っていて記憶にない
胃潰瘍の後はあるがポリープもなく異常なしとの事だったらしい

ずっと車いすを押してくれていた夫が車を取りに行き待っている間に…居合わせたお客様が“どうしたの?”と声を掛けて来た

まだ朦朧としているのに“頼まれていた化粧品入りましたよ”と何故か商売っ気を出していた
車に乗るのも夫に支えられてしか歩けなかった

苦手な検査も何とか終わったが、医療に関しては何事にもビビりな私
大病しないよう気を付けて行きたい
麻酔が切れたら喉が痛いのと 注射の後が3か所(^^ゞ見事な青あざだ

1週間分の大量の薬にため息だが 頑張って飲んでピロリ菌を追い出したいと思っている
posted by リュ〜菜 at 20:35| 福井 ☁| Comment(4) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする