2012年04月03日

天神亭楽々

今回の原稿はい・も・う・とからの投稿です


ドーモ


《い・も・う・と》で〜す


3月18日に楽々の3回忌の法事がおこなわれた

天神亭楽々.jpg

家族・親戚が寄り16名で楽々の在りし日の事を思いお経を頂いた
早いもので亡くなって2年になる

お経を聞きながら楽々の39年間の人生がよみがえった

楽々は私の兄の子 すなわち姪っ子

旦那と付き合っている頃からあちこちと遊びに連れて行った
勿論大人になってからも我が子同様に接した

楽々は小さい頃から腸の病気になり何度も手術をし、そのたび頑張ってきたのだが・・・

楽々の人生は短かったかも知れないが末期癌と知らされてからの年月は1年が10年にもなったように見えた きっとそうであったであろう

時々楽々の本を読み返り又はDVD・写真を見る
今にも「まいど〜〜」って言って我が家に帰って来る錯覚さえおきる
最近テレビで末期癌になっても頑張っている人のドキメントを見ると楽々と重なり涙が溢れる
『天神亭楽々 合掌』

1週間後には娘の義父の3回忌がありそこでご住職から聞いたお説教

『おかげさま』
夏が来たら 冬がええといい
冬になりゃ 夏がええ・・・
借りた傘も 雨が上がったら邪魔
金をもらったら 古びた女房も邪魔
所帯をもらったら 親さえも邪魔
・・・乾ききった あじけないこの頃
衣食住は昔に比べりゃ天国やが
上を見ては 不平不満
となりをながめては 愚痴ばっかり
なんで自分を 見つめないのか
静かに 考えてみるがええ
一体 自分ってなんやろ
親のおかげ 先生のおかげ
世間さまのおかげ
おかげの魂が 自分やないか
いくら長う 生きても
幸せのど真ん中にいても
おかげさまが 見えなけりゃ 
一生不幸

ありがたい説教を聞き改めて自分を振り返り『おかげさま・・・』

posted by リュ〜菜 at 17:06| Comment(8) | い・も・う・と | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
楽々ちゃんも早いもので3回忌
楽々ちゃんの死を前にしても、尚あの素晴らしい笑顔
今でも忘れられません
楽々ちゃんは私たちに多くの勇気を遺してくれました
永遠に私たちの心の中に生き続けていますね

ご住職のお説教も良いお言葉ですね
こんな精神で生きられたら素晴らしい最後を迎えられるでしょう
おかげさま、おかげさま

でも私は俗物・・・(-_-;)
おかげさまがまだ足りないね
全ての事に“おかげさま”と感謝できるように精進します
Posted by 小ネェ〜 at 2012年04月03日 17:08
リュ〜菜様

ご無沙汰しております。kenntonpapaです。

楽々さんが旅立たれもう2年ですか・・・
早いものです。
楽々さんは様々なメディアでもご紹介され、
病魔に向かい、辛くとも芯のとおった姿が印象的でした。

今は苦しみから解き放たれ、
皆さんの日々の生活を微笑ましく眺めていらっしゃるのかもしれませんね。

さて、法事でのご住職のお言葉。
人の欲やわがままが痛感します。

私は特に宗教にこだわるほうではありませんが
実家の法要の際はご住職のお言葉が気になります。
何せこのご住職は私が生まれる前から我が実家のご住職。
いったい、何歳やら。
(息子さんもご住職ですが、私の両親より年上のはず)
Posted by kentonpapa at 2012年04月03日 19:13
kentonpapa様
コメントありがとうございます
楽々ちゃんは我らがブログ姉妹の末っ子(末バァ〜?)“いもうと”の姪御さんです
楽々ちゃんのことを知ったのはいもちゃんからの「姪っ子がテレビに出るから観て〜」との一本の電話からです
それから折につけブログで天使の笑顔を見せてもらい沢山の勇気をもらいました

本当に強い娘さんでした

ご住職のお説教は何回も聞かされていますが分かっていてもナカナカ・・・です
Posted by リュ〜菜 at 2012年04月03日 19:25
西の空にひときわ明るく輝く星を見て…楽々ちゃんを思い出していました
楽々ちゃんが亡くなった頃、三日月の真ん中に一番星が乗っていて言葉を失うほどの美しい星空が続いていましたね

もう二年立ちますか〜早いものですね…
この世で亡くなった瞬間、あの世に新しく生まれるそうな〜

同じ3月18日に夫の両親を偲んで お経を唱えて久し振りに姉妹達と楽しい時間を過ごしました

ご住職のお説教…成る程と思う事ばかり
でも おかげさまって中々言えませんね 不平不満ばっかりです
親の介護するって、少しは親に恩返しが出来ているのだろうか
Posted by 中ネェ〜 at 2012年04月04日 23:13
kentonpapa様
コメントありがとうございます

楽々の死から2年 早いものです
88歳になる母は楽々の写真に向かって
「いつお迎えにくるんや」って笑いながら話しかけています (^_^;)

私も楽々のように強くなりたいですね
でもお酒の方は強いですよ (笑)
Posted by い・も・う・と at 2012年04月05日 16:55
中ネェ〜
貴女は十分に親孝行していますよ
幼子の時は親にオブられ、老いれば親をオブイ・・・
貴女は両親の手をしっかり掴みオンブにダッコしてるじゃないですか

私達は聖人じゃないんだもの
24時間365日介護をしていたら愚痴や不平不満も言いたくなりますよ
笑顔での介護は理想だけど私達凡人には難しい

不平不満、愚痴を言いながらも手を離さず最後まで一緒に歩んでいけば良いのではないかと思いますよ

「おかげさまで恩返しさせて頂きました」とご両親に心から感謝する日が必ず来ます
その日まで無理しすぎず、頑張りすぎずお互い気を長く・・・ですね
又ストレス解消ランチ行きましょう(*^^)v
Posted by 小ネェ〜 at 2012年04月05日 17:46
お説教の中で
金をもらったら 古びた女房も邪魔のところが
今では金をもらったら 古びた旦那も邪魔だそうです(笑)
横目で旦那を見てあたり〜
いやいやおかげさまの気持ちで
旦那に感謝!しなくては・・・ね

中ネェ〜、小ネェ〜の言う様に無理しすぎず頑張りすぎずですよ
「おかげさまで恩返しさせて頂きました」と私も思えるように母には接していきたい

私はストレス解消とまではいかないけどランチは誘ってよ
Posted by い・も・う・と at 2012年04月05日 18:23
ちょっと〜私は泣き虫なんだから〜。゜゜(´O`)°゜。わ〜ん
小ネェ〜も いもちゃんも泣かせないで〜

全面的に協力してくれる旦那様には感謝の一語です

ランチ〜〜良さそうな所見つけましたよ
また行きましょう
Posted by 中ネェ〜 at 2012年04月05日 21:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: