2017年09月25日

思い出・・まみ編END

kumo.gif

リュ〜菜のひとり言



“まみ”は1999年の夏頃から散歩に行くと何もないところで転びはしないけれどつまずいて、たたらを踏むことが増えてきました
四つ足でも高齢になると足が上がらないんだな〜と思いながらゆっくり散歩
行きはよいよい、帰りは抱っこ

そして11月中ころから食欲が落ちはじめ・・・
病院へ連れて行ったら“もうしばらく”と言われ・・・
とにかく少しでも楽に永らえさせるため閉店後に栄養剤の注射のため毎日通院
避妊手術以来初めての病院通いでした
あれほど嫌がっていた車も私に抱きかかえられていたせいか喜んでいました
私にピッタリくっつき窓からネオン輝く街の景色?をキラキラの目で眺めていました✨✨
私は“まみ”を抱っこして大きく開けたキラキラの目に映る流れる光を眺め・・・

“まみ”は、おかあさんに抱っこされているこの瞬間を楽しんでいたのかもしれません

もう散歩へも行かなくなり、おもらししても良いように掃除グッズを揃えました
ハウスも入れなくなり大きな段ボールハウス?に毛布も掛けて温かくし、そこで寝ていました

散歩には出なくなったけれど“まみ”は頑張って家の後ろの水が流れるところまで行って水洗トイレ
一度もおもらししませんでした

12月3日 朝から壁によしかかりお座りしてほとんど動かない“まみ”
仕事をしていないときはズッと“まみ”のそばにいました
私がいるときは1分1秒が大事だったのか一度も横にならずお座り、微動だにせず
“まみ”はただ私だけを見つめて私が動けば目で追い、いつ顔を見ても目が合い・・・
“今夜から二階へ連れて行き一緒に寝てやろう”そう思いました

体を前足でしっかり支えて座っている姿を見るとその日に旅立つとは思えなかったのです
夜「おかあさんオチャチャ(お風呂)入ってくるから待っててね」と言ってしばらく離れ、烏の行水で急いで“まみ”のそばへ戻った時すでに旅立っていました

“まみ”はとても優しい子です
自分の最期の瞬間をおかあさんに見せまいと離れるまで必死で頑張っていたのかも?
でもでもそばにいてやりたかった・・・
何故いてやらなかったのか・・・

“まみ”はとても優しい子です
竜が旅立つとき苦しまないように、不安がらないように迎えに来てくれていたと思います
竜が小さい時遊んでいて残った(壊さなかった)3つのぬいぐるみが棚に置いてあったのですが真ん中にあったピンクの牛だけが2015年1月10日の午前中に揺れもしないのに落ちました

10年ちかくそこに置いて一度も落ちたこと無いのに・・・
両側にあった豚さんとウサギさんは落ちなかったのに・・・

“まみ”迎えに来たの? 一瞬そう思いました

私は1月の仕事始めになっても仕事をせずに付き添っていました
“まみ”の時の後悔があったから・・・
 
その日の夜、竜はおねえちゃんの時のような後悔を私にさせまいとしたのか私がトイレから戻るまで必死で頑張り、そばに座ると同時に旅立ちました
“まみ”が竜を優しく抱きながら私が戻るのを一緒に待っていたのかも?

その翌朝私が見た夢は二人が天に上る夢
“まみ”が上にいて竜が下
“まみ”は大丈夫?と心配そうに竜を見下ろし、竜は必至について行っている

“まみ”との出会いが無かったら間違いなく竜とも出会っていなかった
竜を見込んだ“まみ”が私に引き合わせたと思っています

姉弟がワンワンランドで楽しく遊んでいる姿を想像します
“まみ”竜をお願いね
“竜”おねえちゃんと仲良くね

まみ2.jpg りゅう.jpg

今回“まみ”のことをアップして思ったこと
心のどこかに旅立ちに立ち会われなかったことを後悔として、そして可愛がっていたのに最後に寂しい旅立ちをさせたと負い目を感じてもいたようにも思います
そんな思いをしていたのでは“まみ”が悲しむだけ・・
そう思うと心の奥に淀んでいたものが消えたように感じます
吐き出すって大切なことですね

だから“まみ”との14年間と“竜”との13年間は楽しい思いで作りの期間
姉弟の旅立ちは別れではなく永遠の楽しい思い出の始まりと思ってこれからも楽しく思い出していきます(*^^)v
posted by リュ〜菜 at 16:11| 福井 ☁| Comment(4) | リュ〜菜 (小ネェ〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まみちゃんのお話ありがとうございました。
お辛い思いも、思い出させてしまったかなと、
思いましたが、

心の奥底で淀んでいた思いも、掘り起こすことによって
見方や考え方が違った観念でとらえる事もある
という事でしょうか。

竜君とのお話、不思議ですね。
でも、「まみ」ちゃんなら、
そうしてくれても、不思議でないそんな娘だわ
って、思いました。

今頃、竜君甘えてるね〜(笑)べったり・・・(笑)

楓も昨日、9歳になりました(*^^*)
Posted by トトロ at 2017年09月26日 06:19
有難うございました トトロさん
トトロさんに背中を押され色々思い出して楽しい思い出がいっぱいあるのに
最後の辛い思いだけでまみの目(写真)を見ることが出来なかったので
まみもきっとさみしい思いで“おかあさん私を見て”と思っていたかも?
まみは真っすぐ私を見てくれているのに・・・と反省
今はまみの目を見ることが出来るようになりとても心が軽くなりました

竜はまみの前で 前足伏せ お尻を上げ 尻尾千切れるほどフリフリ 
“おねえちゃん遊ぼう〜〜〜!”
まみは“また〜〜”と言いながら姉弟仲よく遊んでいると思っていますよ(*^^)v

楓ちゃん9才おめでとうございますヽ(^o^)丿
Posted by リュ〜菜 at 2017年09月26日 07:50
まみちゃんは本当に利口な子だったんですね
お母さん大好きで…
100%以上の愛情を注いできたんだから小ネェ〜さんも何一つ後悔する事はないですよ
まみちゃんも寂しい旅立ちではなかったと思います
感謝していたと思いますよ
小ネェ〜さんも二人に沢山の思い出を貰いましたよね

私も20年一緒にいた茶々の最期を思い出しました
そして両親も……
生きているものすべて最期は同じ思いをしますね 色々な思いも良い思い出になっています
Posted by 中ネェ〜 at 2017年09月28日 21:02
有難う 中ネェ〜
まみと竜には素晴らしい思い出を沢山もらいました
これから私の記憶が失われるまで(*´艸`*)と笑いながら思い出します
夫と二人テレビに出てくるワンちゃんを見るたび「うちの子が可愛いよね〜」と笑っています
親ばかは健在(*^^)v

それとジジ・ババばかもやっています(*^^)v

中ネェ〜の家にいたネコちゃん覚えていますよ
近寄ってはくれなかったけれど何度も見かけています

いろんなことがあっても姿を見なくなると良い思い出ばかりですよね
我が家もそうなるかな?(;''∀'')
Posted by 小ネェ〜 at 2017年09月29日 08:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: