2017年12月29日

おれた〜〜〜4

リュ〜菜のひとり言

リハビリは午前と午後の二回
午前は足のリハビリ
“リハビリ程痛いもんは無い!”と事前に嫌と言うほど聞いていたので覚悟(;^ω^)を決めて挑みました

ベッドに乗り西村先生(理学療法士)が自分の膝に私の足を乗せ「ものすごく腫れていますね」と言いながら全体的な状態を確認
血流を良くしないと腫れが引かないということで太ももから足先までマッサージ
“痛い!”と覚悟を決めていたリハビリは超気持ちの良いマッサージ(*^^)v
でも動きが悪くなり腫れている足首、足の裏、足の甲、指と進むにつけ痛みが・・・
床にタオルを敷き指で手繰り寄せをしようとしても全くできず
(2週間ほどで完璧に出来るようになりました(*^^)v)
その後は右足の筋トレ

午後は上半身のマッサージと筋トレ、上半身の担当は徳島先生
松葉杖で体を支えられるように主に腕の筋トレ
肩の柔軟さも必要ということで肩のマッサージ
これが又超気持ち良い〜〜〜

医大でもそうだったけどつくし野でもリハビリの先生方はとてもかわいらしい
体のリハビリだけではなく優しく話をしながら闘病生活の精神的なリハビリもして下さる

夕方自主トレに来ても良いとのことで平行棒で10往復(右足のみ)
病室で両足のストレッチ(ベッドに横になり動かせる範囲で)
その他は暇なので編み物

2号.jpg 3号.jpg

足カバー2号と3号編みました

足を付いても良いとの許可が出たらリハビリの先生曰く「積極的な歩行訓練をします」
これまでのリハビリは左足のむくみを取ること、右足と上半身を鍛えること
松葉杖で足をつけても良くなったら左足をつけて訓練ということ
2ヶ月ほど左足は付けてはいけないと脳が判断しているので最初はうまく足をつけないかも?

医大にいる時からベッドから車いすへの移動、トイレその他出来る限り介助なしで動くことを心掛けていた
看護師さんは「いつでも呼んで下さい」というけれど病院で楽を覚えてしまうと家へ帰ってからが大変
病院はエレベーターもあればバリアフリー、手すりも各所にある
家に帰れば何もない
二階へ上がるためには階段を昇らなければならない
松葉杖で階段なんて昇れないのでお尻と両手、右足を使って“ズリズリ”と昇ることになる

病院内は23度以上あるけれど外は2度とか3度?
退院したら家中のエアコンをフル運転しないとヒートショック?

外来は風邪ひきさんも来院なのでできるだけ接触しないようにして風邪要注意
インフルエンザ予防は退院時期を考えては医大にいる間に接種したので退院できるころには抗体が出来ているはず

1階のトイレは義母のため手すりを3個も付けてあるけれど2階は全く無しなのでネットで据え置きの手すりを注文
廊下の段差がある所に手すりを付け入浴用に安定感のある介護椅子も注文
松葉杖で調理は出来ないので安定感のある歩行器?購入
退院への準備は着々と行っているけれど・・・

12月7日主治医(医大より週一回出向の整形外科医、つくし野病院での主治医は院長先生)より待望の一言が・・・
「綺麗にくっついていますよ。来週(14日)から少しずつ足をつけて良いです」
「足付けて歩けるんですね!良かった〜出淵先生(医大での主治医)に感謝しているとお伝えくださいね。ずいぶんと困らせた(転院嫌!と言って)ので(笑)」
「(医大へ)帰ったら必ず伝えますよ」
17日一泊の許可もしてもらいました

手術から4週目で足つき許可\(^o^)/
この許可が出る前にしたリハの先生との会話
「いつ頃になったら足付けられるかしらね?」
「これまでの他の人の例だと粉砕骨折なので術後6週間ちかくになるかも?」
「明日のレントゲン診断で奇跡が起きて“もう付いても大丈夫ですよ”ってならないかな?」
まさしく奇跡がおきました(*^^)v

12月12日リハビリ中の会話
「少しでも足をつけて松葉杖出来るようになったら退院許可出ないかしらね?」
「今はまだ加重1/4か1/3程度なのでどうですかね?先生の判断次第ですね」
「今度の診察で早めの退院を考えて下さいって言ってみるわね」
主治医の指示書では12月14日から1/4か1/3加重となっている様子

加重とは骨折した足に体重をかけること
全加重=片足で立った状態
加重1/2=両足で立った状態(歩かず直立した状態)
加重1/3=松葉杖を使いながらバランスを取るためちょっとだけ足をつけても良い状態
加重1/3=体重×1/3=“X”(^▽^;)

12月14日
松葉杖を使った時右足は全加重で良いけれど骨折している左足は松葉杖とで“X”
左足には体重計、右足は体重計と同じ高さの台
最初に右足で台に乗り次に左足を体重計に乗せ“X”になるまで体重をかけて行く
私「これで3/1?」 西村先生「そうですよ」
私「平常に立っているのとあまり変わらないみたい」
つまり私は日常的に右足に重心がかかっているので変わらないように感じました
起立して手すりを離してもまったくふらつくこともないし違和感もなし
私「ようするに歩かない限り立っている分には普段通りってことですね〜」(*^▽^*)

その夕方整形外科主治医の回診中の会話
私「少しでも早く通院に切り替えてもらえませんか?」
主治医は西村先生にリハの状態を確認
主治医「1/3で日常と変わらないのなら来週レントゲンとCTで骨の状態を確認して異常が無いようなら加重1/2にして歩けるようならいつでも退院しても良いですよ」
\(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

主治医「それにしてもこの粉砕骨折術後4週で加重は驚異的ですよ」
私「私の年齢では奇跡的ですよね〜」(*^^)v
以前加重までは6週間くらいかかると言われていました

12月25日に退院するぜ〜〜〜‼

その前に17日に外泊で〜す

12月17日(日)
“う〜さむ〜”久々の外はやはり激寒!
病院から車へはまだ松葉杖では怖いので車いす
車から家に入るまでは義母の車椅子使用
店からキッチンまで入るまでに10p高の段が3段
段前に椅子を置き座って足を上げ立ち上がるを繰り返しキッチンへ
そこからは超難問の階段

階段の前にほぼ二ヶ月ぶりの昼食準備
松葉杖では出来ないのでキャスター付き椅子(脚が6本で長くて安定感がある)で本当に久々のお家食事

食後後始末(夫に手伝ってもらいながら)をして二階へ
まず階段の2段目へ座り、後は右足とお尻を使って両腕でしっかり上の階段をつかみ、ズリズリと上る
 
無事に部屋へたどり着いたけど疲れた〜〜〜〜

追伸
28日ころから体力も少し回復してきたよう、と言うか家での生活に慣れてきた?
疲れは若干少なくなり、PCの前にも座っていられるようになってきました
入院原稿一気書き(*^^)v
今日は入院後溜まりに溜まった医療費領収書の整理、PCへの登録も済みました
徐々に回復傾向、でも無理せず慎重に!を心がけて( ^)o(^ )
posted by リュ〜菜 at 17:33| 福井 ☁| Comment(0) | リュ〜菜 (小ネェ〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: