2017年12月30日

おれた〜〜〜5

リュ〜菜のひとり言

12月21日CTとレントゲン検査をして主治医の診察(回診)を待ちました
夕方5時ころノックがあり主治医の姿
主治医「検査の結果順調でした、帰りますか〜」
私「はい!今すぐでも良いですよ〜」(笑)
私「明日はお天気良くて退院日和ですから明日退院良いですか〜」
主治医「良いですよ、出渕先生(医大での主治医)にも言っておきますね」
私「(出渕)先生のおかげで予想より早く退院できましたと感謝をつたえてください」
西村先生(リハ)「え〜退院25日と言ってなかったですか?」
私「予定は変わるもんなんですよ〜」(笑)
とりあえず22日午後のリハビリが済んでから(15時過ぎ)退院が決まりました、、というか私が退院タイミングをお願いしました

正直言って退院後の生活は不安だらけ・・・
もしかして転ばないか?歩けないのにお風呂はどうやって入る?etc…
でも先の心配していても前には進めない!その時その時考えてやればどうにかなる!
これが私の信条

すぐに夫に電話 夫の声も弾む
その後すぐに持ち込んだ荷物の整理
夜、22日の必要最低限の物を残し、夫がほとんどの荷物を持ち帰り
22日朝仕事前にやって来た夫「持って帰るもん(物)無いんか」

近いので一日に何回か顔を出してきた夫、仕事前と後の最低2回
仕事中にも「しばらくお待ちくださいと書いて置いてきた」と言いながら1〜2回
我が家は完全予約制なので予約のない時間帯に私のところに来ていましたが予約なしで来られる方もおられるので張り紙
この方たちは予約優先なのをご存じなので時間があくまで待つか予約をして出直して下さる

退院するときなるべく荷物が無い方が良いと思って取りに来たのでしょう
昼食時の割り箸1本とペットボトル(水)1本、ジャンパーとマフラー
勿論松葉杖、それ以外は全てお持ち帰り

そして時間通り迎えに来た夫と共に懐かしき我が家へ
17日の外泊は車椅子だったけれど退院は松葉杖
下へ降り車を取りに行った夫を待っていたら私を呼ぶ声が・・・
声の方を見たら上半身リハビリの徳島先生
「家でも気を付けてくださいね。又リハビリで会いましょう」
「有難う、又25日からリハビリに通うのでよろしくね」

こうして皆様に見守られながら58日間の入院生活が終了しました

家に着いて、又椅子を使っての段差解消、キッチンまでたどり着きいったん休憩
それから夕食の準備、食事、後始末、二階へ上がって一休み

3部屋を見渡せば病院から持って帰った荷物やその他etc・・が散乱?
片付けたいけれど松葉杖では何もできず・・・見て見ぬふり・・・

23日午前中にお尻で畳の上をズリズリ移動しながら荷物の仕分け?
衣服類、日用品、その他もろもろ
でも、あるべき所へ収納は出来ないので種類別にかためて・・・
少し動くと疲れるので無理せず、又見ないふり
2ヶ月近く車椅子生活だったため体力はかなり落ちている?思うようには動けない
いつ片付くのだろうな〜〜〜

24日朝から夫に手伝ってもらって脱衣所とバスルーム(介護用バス椅子)に椅子を設置
わがやのバスルームには3ヵ所の手すり
まずは脱衣所の椅子に座り衣服を脱ぎ手すりにつかまって右足だけで立ち上がりバス椅子へ・・・
うまく一人で移動できました\(^o^)/
でも今はまだシャワーだけ、勿論寒いので1時間前から暖房
入る時床は乾いているので滑らないけれど出る時は滑るといけないので足の裏と床を何度も拭いて要注意で立ち上がり脱衣所の椅子へ移動
お風呂の問題はクリア(*^^)v

25日早朝ウトウトとした時、夢を見ました
廊下へ出たら大きなペット用ケージ
戸を開けた途端、モフモフのペットが私の左肩へジャンプ!
しっかりしがみつき離れません
だから顔を見ることは出来ませんでしたが、とても懐かしい手触り
ホッコリしたところで目が覚めました

もしかしたら竜?でも毛の色が違いました
でもその日から家の中の段差は椅子無しの松葉杖だけで乗り越えられるようになりました

1/2過重で良いと言われているのに万が一、骨がずれたら・・と怖くて左足裏全体を地につけていなかったので、もしかしたら“まみ”や“竜”が【私たちがついているよ!怖がらないでしっかり足をつけて!】と励ましに来てくれたのかも?

体力も徐々にではありますが回復傾向

病院ではリハビリ以外にやることが無く暇を持て余して編み物をしていたのに、帰ってからは疲れて余裕がなく毛糸はまったく手につかず
洗濯をしても干すのは夫頼みだったのが、28日は自分で干せました\(^o^)/
1/2過重なので歩かない限り松葉杖は必要ないので“休め”の態勢で立って干してみたら簡単にできたのです

29日は年内最後のリハビリ
慎重に恐れずしっかり地に足をつけて一日も早く二本の足で歩けるようになるためリハビリ頑張りまっす

30日今朝又夢を見ました
松葉杖無しで歩けて夫に「上手く歩けるわ〜」と言っている私

夫には本当に無理をさせてしまいました
年末にかけての2ヶ月以上一人での仕事に介護に家事 そして私
元々悪かった膝が悪化?腫れてしまいました
それでも一言の不満も言わず「なんかしてほしいことあったら言えや〜」と・・・
私を気遣ってくれて本当に感謝の一言しかありません

完治は年を越すけれどとりあえず退院は年内でした
来年は同じ間違いをしないように慎重な行動をします

平成29年最後までお付き合いくださり有難うございましたm(__)m

平成30年、皆様も良き新年をお迎え下さいm(__)m m(__)m
posted by リュ〜菜 at 16:37| 福井 ☁| Comment(2) | リュ〜菜 (小ネェ〜) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
58日・・・長かったですね(T_T)
夢のお話、竜君まみちゃんが、お母さん待ってたよ〜
と飛びついてきたのだと、ウルウルしてしまいました。

ただ、ついでに横のものをと手を伸ばしただけなのに、
そんなに大変な事になるとは!
しかも、骨密度には問題がなかったのに。。。
本当に、お疲れさまでした。
どうぞご無理をされません様に。。。ね(*^^*)
Posted by トトロ at 2018年01月09日 20:44
本当に長かったですよ トトロさん

でも過ぎてしまうとあっという間だったような気もするので不思議ですね
今月いっぱいで松葉杖も取れるかも?
骨の修復?はとても順調で昨日医大の検診に行ってレントゲンを撮って診察してもらって「ほとんど綺麗にくっついているので3/4まで過重しても大丈夫。どんどん体重をかけなさい」と言われました
でも骨以外(筋肉とか傷跡とか神経も?)が体重をかけるほど痛くてついつい松葉杖に頼ってしまいます
痛くても頑張って体重をかけて歩くのがリハビリと思って頑張ります
温かくなったら二本の足で外を闊歩したいですからね(*'▽')
Posted by リュ〜菜 at 2018年01月10日 08:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: