2015年01月26日

名調教師?

kumo.gif

リュ〜菜のひとり言



竜が1月10日に逝ってから2週間が経って、最初の一週間ほどは喪失感で1日がとても長くてスロータイムでした

17日は前週のその時間が近づくにつけ“先週の今頃”と胸が騒がしくなった
たまらず竜の前に行って「本当に頑張ったね ありがとう」と手をあわせた
夫は写真の前で献杯をしながらズッと座っていた

18日の朝は“竜が帰ってきた曜日”と思ったら少し気が落ち着いた

2週目の24日は“その時”では無く“あの時”と感じられ涙は無く笑顔で夫と思い出話が出来た

そして今は竜が居ないと思えないから不思議と穏やかになった
その時々、その所々に私達が望む竜が現れてくれる
元気でカワイイ大きなキラキラの目で走り回る竜だ
こんなこと言っているとおかしくなった?と思われるかもしれないけれど我が夫婦のしっかりしなければとの防衛本能がそう思わせるのだと思う

竜の物の後片付をしても楽しい時の思い出がよみがえり涙は無かった
そして竜の物が散在していた家中が広くなった
この広さが竜の存在の大きさなのだな〜と夫とも話している

葬儀の翌日竜が月2回シャンプーに行っていたショップから電話
(12日にシャンプー予約を入れてあったのでキャンセルの電話をしてあった)
「献花をお持ちしたいのですがよろしいでしょうか?」
「気持ちだけで十分です。ありがとう」
「でも私達の気持ちですから」
ありがたく頂くことにした
可愛いお花とお供えと竜へのメッセージを届けて下さった
メッセージを読みながらあらためて竜は皆さんに愛されていたのだと感じ胸が熱くなった
その後夫の友人からも献花が届き竜の前は花でイッパイになった

竜は写真の中から真っ直ぐに私を見ている
でも私は竜の目を見られないでいた
あの大きなキラキラ輝くカワイイ目を見ると寂しさが倍増してしまうから

これまで床の間には義父、まみの写真が飾ってあったが竜も仲間入りしてしまった

「おはよう竜 おはようみなさん」「おやすみ竜 おやすみみなさん」と毎朝晩声をかけるが漠然と竜の姿(写真)を見るだけだった
日中も写真の前を通ると「今日は寒いわ〜」「ご飯の用意してくるね〜」その時その時声を掛けずにいられない

そして15日朝、又竜の夢を見た
続きを読む
posted by リュ〜菜 at 14:19| 福井 ☁| Comment(4) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

ありがとうございました

kumo.gif

リュ〜菜のひとり言



12月24日に突然体調を崩したリュ〜が1月10日午後7時56分息をひきとりました
享年13才8ヵ月

生前ご心配を頂きました皆様に心より御礼申し上げます
リュ〜も“ありがとう”と思っていると思います

昨晩は20日ぶりに熟睡しました
リュ〜が“疲れたでしょう ゆっくり寝てね”と思ってくれたのだと思います
今朝、目が開く前に瞼が明るくなりリュ〜の前にいた長女のまみ(雑種)とリュ〜が楽しそうにじゃれあっているのがはっきり見えました
本当に楽しそうにグルグル走り回っているのです
まみは本当に心優しいコでした
ズッとリュ〜や私達を見守ってくれていたのでしょう
そしてリュ〜が苦しまないように守ってくれて“もうそろそろいこうか”と優しく誘い連れて行ってくれたのだと思います

まみとリュ〜のあの楽しそうな姿を見た後、目が覚めました
とてもすがすがしい気分でした
まみ・りゅ〜 ありがとうね
これからもフタリで私達を見守ってね
続きを読む
posted by リュ〜菜 at 09:23| 福井 ☁| Comment(8) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月04日

昼夜逆転?

kumo.gif

リュ〜菜のひとり言



12月22日シャンプーに行き、クリスマスケーキを美味しく食べたのに23日の一晩で体調が急変したリュ〜
年は越せないかも?と覚悟したほど

今は小康状態?
日中は相変わらずほとんど寝たまま
もう後を追いかけてくることも無い
お留守番の出来なかったリュ〜が今はお留守番が一番になってしまった

でもまだトイレに行く事は出来る
立ち上がるときはふらつくけれど歩く時は大丈夫なよう
しかし食事量は半分以下だから今のところ緩やかな坂道をユックリ下っている状態?

夜中になると起きだし私たちが寝ていると啼いて起こす
ジャーキーを細かく切って食べさせると静かに寝る
多分昼夜逆転してしまったのだと思う
何でも良いので食べるものを食べたいときに食べさせるようにしている
辛がることも無くただ静かに寝ているだけ
まさしく老衰状態

主治医の話ではこれまで肺近くの一部の気管が狭窄していただけだが気道までの全体が細くなってしまったのだろうという事(衰弱しているので検査は出来ないので症状から判断)
気道(気管)狭窄はリュ〜の年齢では治療できないのでこのまま酸素補給をして見守るだけしかない

一晩で突然悪化したのは狭窄が進み呼吸困難と言うほどでは無いが酸欠状態になった?
意識朦朧となったのも脳への酸素補給が出来なかったから?
とにかく今は酸素さえ絶えさせなければ安静にしていられるので酸素ボンベは欠かせない


30日夜には久しぶりにと言うか一週間ぶりに私の足元へやって来た
この顔を見るだけでは本当にどこが悪いのか分からない
(フラッシュをたくとビックリするといけないので暗いけど)
鼻も黒々、目もクリクリ、相変わらず良い男

IMG_0284.JPG
続きを読む
posted by リュ〜菜 at 19:24| 福井 ☔| Comment(10) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月23日

クリスマスケーキ

kumo.gif

リュ〜菜のひとり言



我が家は仏教徒なので基本クリスマスはお祭り感覚

息子が小さい時はママサンタさんからプレゼント

孫が生まれてからはバ〜バサンタさんからプレゼント

リュ〜には一年に一度のケーキプレゼント(^▽^;)

今年も例年通り孫たちの希望を聞き、リュ〜のケーキを註文

22日リュ〜をシャンプーに連れて行ってケーキを貰って来た

IMG_0282.JPG

勿論ペット用だけど人間も食べられるほど美味しい
帰って来てからケーキを出したが“どうせおかあさんのでしょ”と横目で見ているだけ(;^ω^)
でもケーキ周りのビニールをはがしたら“せめてこれだけでも!”と思ったのか、飛んできて生クリームを舐めはじめ、動くので足で押さえたら足にクリームが・・・
「おと〜さ〜ん、リュ〜足ふかないと〜」
夫が飛んできて抱きかかえ「お前な〜今シャンプーしてきたとこやぞ〜」
口の周りもクリームだらけ
口と足を拭いて夫が抱えていた

一個まるまる(とは言っても人間の小さなショートケーキ程度の大きさ)与えると多すぎるので毎年私と半分っこ
切り分けて半分をリュ〜の食器に移したら「待て」を言う暇もなく“俺んだ〜”とばかりにケーキに突進!
ケーキに突入した瞬間生クリームが小さな鼻へ突入(;´Д`)

“グフン!グフン!クシャン!クシャン!”
鼻が詰まって焦っている
すぐに拭き取ったが中までは取れない
暫くくしゃみが続いていたがようやく取れた様子

この騒動でリュ〜がケーキを食べている写真を撮り損ねた・・・(-_-;)

リュ〜の様子を見ながら生クリーム部分を取り除きスポンジ部分だけを細かくして・・・
もうこの時点でケーキの残骸?

それでもリュ〜は“今度は大丈夫か?”と用心しながらクンクン
美味しそうに食べました

半分ずつと思っていたけれど生クリームを取り除いたらスポンジが少ないので生クリームとトッピングは全部私が食べ、リュ〜はスポンジを全部食べたので結果半分っこ?(笑)

でもケーキに突進するほどまだ元気だという事で一安心
来年のクリスマスもまた同じこと繰り返せるかな〜
絶対繰り返したい!(―人―)
posted by リュ〜菜 at 19:15| 福井 ☀| Comment(14) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月28日

呼吸困難?・・・((((>△<‖)))

kumo.gif

リュ〜菜のひとり言



ある日の早朝のこと

“ヒィ〜ヒィ〜ハァ〜ハァ〜”との声で目が覚めた
時計を見たらまだ4時

夫も目が覚めて又リュ〜が暑がっていると思ったのだろう
寝室は通風が悪いので廊下の涼しい風を入れるため扇風機を設置してあるのでそれを点けに廊下へ出ていた

枕もとの扇風機はかけっぱなし・・・

だがリュ〜の様子がおかしい
暑くて騒ぐときは私の顔を見ながら“ク〜ラ〜つけて〜”目線なのだがその日はウロウロしながらだった

側へ行って「どうした?息つらいの?酸素する?」と聞いても返事はしないが、それでも聞いてしまう

リュ〜は気管狭窄症(気管が半分に潰れてしまっている)なので万が一に備え酸素ボンベ(アスリート用)を準備していてこれまでにも何回も使用している

エアコンを点けて酸素ボンベを見せたらベッドに上がってきた
リュ〜も酸素をすると楽になるという事を覚えているのだろう

最初はスプレー式(スポーツや登山で使う普通のスプレー缶)のを使っていたけれど落ち着くまでノズルを押していると指が痛くなってくるのでもっと効率的で使いやすいものが無いかネットで探したら結構お高いけれど高圧酸素で酸素量も調節できるカセットと鼻先まで伸ばせるチューブもつているものがあったので(勿論人間用)それをワンセット(ボンベ1本、カセット、チューブ他)と取り替え用のボンベを5本購入し計6本あったがすでに使い切り、又ボンベを10本買っておいた

酸素を出してやると“ヒィ〜ヒィ〜ハァ〜ハァ〜”いいながら酸素を吸っていた
いつもは暫くで楽になっていたがこの日はナカナカ治まらない

呼吸音を聞くと小さいが“パッコン!パッコン!”となっている
気管が閉じたり開いたりしている?

とにかく肺の中の酸素量が少なくなって辛いのは間違いないので高圧酸素を入れれば肺の中の酸素量が増えて楽になる

1本目は半分くらいだったので仕方がないが2本目も使い切った
3本目を準備していたらようやく落ち着いてきたのでしばらく様子をみていたら呼吸も静かになって“パッコン!パッコン!”も聞こえなくなった(エアコンで部屋も涼しくなった)

ようやく安心して横になったのは5時少し前
起床の時間までしばらくしかないので眠れないけれどリュ〜が寝るまで横になっていた
5時過ぎには人騒がせな息子は疲れ切って爆睡
この日以来毎晩エアコン使用でリュ〜は心地よく寝ているが両親はしっかり布団使用(;’∀’)

リュ〜は今年5月25日で13才
一昨年大きな手術をしたせいもあるかも知れないが徐々に体重が落ちて4.7kあった体重が今では4k

爆睡中.JPG  あんだよ〜.JPG

今まで寝ていてもお腹がプックリ盛り上がっていたのに今ではペチャンコ
スタイルが良くなったと喜んで良いのか?心配すべきか?

主治医は「これくらいで丁度良いですよ」とは言っているけれど、抱っこするとお尻の骨が分かるようになっている
ダイエットして痩せたのなら良いけれど、何もしないのに体重が落ちている
人間と同じで老齢で筋肉が落ちたのかも?
足腰の力も落ちたのか、フローリングでは滑って転びそうになり、脱臼でもすると大変なのでマットを敷きまくってある

階段も今までは問題なく上がっていたが最近は一段目に手(前足)を掛け、上を見上げ“ダメだ”と思うと“連れて行って〜”と私のところへ来る回数も増えた

2本足でも4本足でも老人(老犬)になると同じですね〜
posted by リュ〜菜 at 14:01| 福井 ☁| Comment(8) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月10日

待ちくたびれた〜

kumo.gif

リュ〜菜のひとり言



夫が休日に肋骨と左手中指の付け根付近が軽い骨折となった
軽いとはいえコルセットにギブス

仕事はもちろんリュ〜の世話も全くできない
という事で先週は私一人でセッセとお仕事と家事とリュ〜の子守と夫の介護(^▽^;)

毎日朝、湿布を貼ってコルセットを巻き、手のギブスを外し湿布を取り替えきれいに拭いて又ギブス
体中が痛いので湿布のオンパレード
入浴できないので日中に頭を洗い夜は足を洗って体を拭き・・・完璧介護状態

リュ〜も最初は焼きもちを焼いて割りみワンワン吠えていたが徐々に諦め?恨めしそうに見ていて段ボール(ストレス解消グッズ)へ直行!ガジガジ!!

店にいるのが嫌いなリュ〜
なぜかと言うと店は暖房がきいていて温度は23度
暑いのが苦手なリュ〜は1時間もいると“ヒィ〜ヒィ〜ハァ〜ハァ〜”となってくる
だから今まではお客様が来店されるまで二階でリュ〜と待機(二階は暖房をかけていない)

しかし日曜日は朝から忙しく全くリュ〜の相手をしてやれなかった
お客様はありがたいもので私一人で時間がかかると分かると「何時頃来たら良い?」と予約して出直して下さった
電話のお客様は勿論予約

朝8時から夕5時まで(昼食抜き)一休みする暇も無く立ちっぱなし

リュ〜は私が仕事をして夫が座っているのが大いに不満
昼過ぎには“アンンン アンンン”と文句を言いだした

(カメラを向けると横を向いてしまう)
IMG_0116.JPG

(手作りチャンチャンコを着て・・・)
IMG_0115.JPG

それでもリュ〜は状況を分かってか分からずか?何とか仕事が終わるまで頑張った
「終わったよ〜〜良い子だったね〜〜」と手を出したら“待ちくたびれたワン!”と飛び乗ってきた

あとどれくらいで夫が仕事復帰できるか分からないけれど、それまで私もリュ〜もがんばるワン! 
posted by リュ〜菜 at 17:41| 福井 ☀| Comment(8) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月01日

ん? ネコだっけ?

kumo.gif

リュ〜菜のひとり言


10月28日にカット&シャンプーに行ったリュ〜

この日は組合(県女性部協賛)講習会だったので中ネェ〜にショップまで乗せて行ってもらった
私「これまでになく、極限まで短くしてくださいね」と頼んだ

なぜか?
10月初めに大きくなったイボを切除したためいつもは2週に1回していたシャンプーが4週間出来なかった

そんな関係であまり痒がるので皮膚の状態をチェックしたら“あや〜〜”
ふけだらけ・・・

ブラッシングはしていたがふけは皮膚にこびりついた状態で浮き上がってこなかったので気がつかなかった

こびりついたふけを指で静かにはがし始めたら次々と浮き上がってきた
痒がってかいたところは真っ赤になってこれ以上かくと出血しかねない
とりあえず消毒液をつけて、ばい菌が入らないようにして毎日ふけ落とし

特に痒いところには塗り薬を貰ってこないといけないと思ったが薬を付けやすくするためとふけが早くなくなるように断髪することにした

何か月か前にもふけが出て診て貰ったらとにかくシャンプーを周1でして落とすしかないという事だったので1ヵ月以上毎週シャンプーしてもらったらきれいになったが今回は前回より多いので極限まで短くしてもらって翌日に病院へ行って薬を貰うことにした

講習会が終わってリュ〜を迎えに行きケージに入っているリュ〜の顔を見たら“きつねだ〜”
家へ帰って歩く後ろ姿を見たら“ねこか〜?”
チワワの面影一切なし!(;’∀’)

DSC_0007.JPG  DSC_0004.JPG

治すことが先決だから容姿など関係ない!
翌日病院へ連れて行ったらやはり前回と同じ皮膚炎で乾性脂漏症
犬の乾性脂漏症は、皮膚の常在菌やアレルゲン、寄生虫などの影響から、皮膚の新陳代謝が過剰に早く起こるようになる皮膚疾患で、皮膚がひどく乾燥してフケが多くなる
(皮脂の分泌が多くなりすぎ、体がベタベタと脂っぽくなるものが油性脂漏症)
皮膚の免疫力が落ちてきているのでシャンプーが出来なくなって皮膚が汚れたりすると再発するようだ

処方されたのは特に痒がるところへ塗る塗り薬、皮膚炎用のシャンプー、2週間分の飲み薬(抗生剤)
リュ〜が行っているショップにシャンプーを持ち込んで頼まないといけない
そしてふけが無くなるまで又毎週シャンプーに通わないと・・・

本当に手のかかる次男坊だ〜〜〜〜

posted by リュ〜菜 at 13:25| Comment(2) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

包帯?

kumo.gif

リュ〜菜のひとり言


ある日のこと・・・
リュ〜のブラッシングを始めたらリュ〜がキュッと体をひねったので「痛かった?」と言いながらお猿さんの蚤取りよろしく毛を分けながらどうしたのか見ていたら“ありゃ〜”
以前からあるイボが大きくなっていた
私「又イボ取りに行かんといけんわ〜」
夫「又け〜〜」
これで今年になってから二度目のイボ取り(何年か前にも1個取っている)
他にも大きくなっているイボが無いか全身を触診(;^ω^)
小さいイボは幾つか見つかったが大きい物は他に無かった

しかし尻尾の付け根部分を触ったら少し大きいものが手に触れたので“こいつはどうかな?”と少し強く押すように触ったらポロッ
“あら〜取れっちゃった、ラッキィ〜〜”
イボだと思い込んでいた私は取れたので良かったと思っていた

そして翌日主治医のもとへ
先生「どうしました?」
私「又イボです」
先生「どれどれ、確かにイボですね。取りますか?」
私「ブラッシングで引っかかって痛がるのでお願いします。尻尾の所もあったけれど取れました」
確認の為、先生が診て「これはイボじゃないですよ。皮膚炎起こしてます」
かさぶただったから簡単に取れたんだ〜〜〜
先生「皮膚の抵抗力が弱くなって炎症が起きやすくなっていますね」と言いながらカルテを見て「12歳か。ん〜〜ん」

去年大手術を二回もしたリュ〜は全体に弱っているように感じる
ほとんど吠えなくなったし飛び跳ねることも少ない
寝込んでいるとそばを通っても気がつかない
老いを切実に感じる

とりあえずイボはこれまで同様にレーザーで切り取り、炎症を治すための抗生物質(飲み薬)と傷口を消毒するための消毒液を貰って来た

前回は足も口も届かない場所だったので傷口を荒らすことは無かったが、今回は右前足の付け根付近なので後ろ足で搔けるのでどうにかしないといけない

何か包帯のように巻ける物ないかな〜綿じゃないと傷口が蒸れるしな〜と考えながら引出を見ていたら大判の綿ハンカチ2枚発見

ミシンを出すまでも無いので早速チクチク手縫いで包帯チャンチャンコ完成
洋服大嫌いなリュ〜が黙って着てくれるかな?と思いながら着せたら何の抵抗もしないで黙って着てくれた

花柄だけど男だよ.JPG  ボタンもう一つ付けないと.JPG

やっぱりハジケテる〜.JPG  どうでも良いや.JPG

これでカキカキしても直接傷に触れないからバイ菌が入ることは無いだろう

それにしてもあれだけ嫌いだった服を黙って着るのもやはり老いのせい?

posted by リュ〜菜 at 14:17| Comment(6) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

リュ〜〜〜

kumo.gif

リュ〜菜のひとり言


5月16日にアップしたリュ〜はとてもお茶目だった・・・

10日後(26日)のリュ〜
まだ夜明け前
“キュル・・・キュルル・・・”
お腹(大腸)の音?で目が覚めた
又、草か〜〜〜と思ってリュ〜を見たらスゥ〜スゥ〜と寝ているので起きてからだな〜と思って又寝た

朝食のとき、フードを与えたら私の顔を覗き込むように“アン、アン、アウアウ”

草くれ〜と言っているのだろうと思って「草ほしいの?」と言ったら“アン!アン!”

草を持ってきたらフードには目もくれず、黙々と草食い

その後すぐにモンキーバナナ2本と食べた分の草入りバナナ

大腸の大掃除をしたって感じ?

その日一日絶食

翌日の朝は通常通りに食べたので予約してあったシャンプーに連れて行った
トリマーさんに前日の様子を伝え「もし調子悪いようだったら電話して下さい」と言って預けた

午後1時過ぎに迎えに行くまで電話は無く問題なく帰って来て“お腹すいたよ〜”と催促してきたのでフードを与えたら完食

その日はいつものリュ〜だったが翌日からなんとなく変?
おやつは食べるがフードは少しだけ・・・
オヤツマン(夫)におやつの催促も余りしない・・・
寝てばかり(側を通っても気が付かない)・・・
吠えない・・・
暴れない・・・

DSC00039.JPG  DSC00040.JPG

IMG_0001.JPG  IMG_0002.JPG

どこか具合が悪いのか?
でも

鼻は黒く湿ってピカピカ
舌もピンク色
呼吸も正常
へそ出し寝
ノビノビ寝
私の後を付いて来るときは尻尾フリフリ小走り
肉球ナメナメもしっかりしている

とにかく大っ嫌いな病院へ連れていくほどの状態でもないので少量でもカロリーの取れるフードに変え(これは美味しいから食べる)様子を見ている

一日に何回も寝顔を覗き込む
寝顔は穏やか

元気よく吠えるリュ〜に早く戻って欲しい

posted by リュ〜菜 at 14:22| Comment(2) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月16日

ある朝のシーン・・・

kumo.gif

リュ〜菜のひとり言


ある朝、目が覚めたらいつもいるところ(私と夫の枕の間)にリュ〜がいないので探していたら、私の起きた気配で姿を現したので寝たふり(;’∀’)
IMG_0700.JPG

“おかあさん 起きたの?” IMG_0701.JPG

“ネェ〜起きてるんでしょ” IMG_0702.JPG

“ネェ〜〜〜ってば〜〜〜” IMG_0704.JPG

“アァ〜〜〜ア〜 ぼくも寝よ〜” IMG_0706.JPG

“ん???” IMG_0709.JPG

“やっと起きたぁ〜撫でて〜〜〜” IMG_0711.JPG

その後、私の手のあるところへ撫でてほしい所をくっつけて・・・コロコロ
IMG_0712.JPG IMG_0713.JPG 

IMG_0714.JPG

満足したリュ〜は又一眠り IMG_0716.JPG


posted by リュ〜菜 at 14:49| Comment(2) | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする